赤い財布っていいの?悪いの?風水のホント!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

今や風水は大人気で、女性誌を開けば恋愛運を高めるための風水術の特集が、頻繁に組まれています。テレビでも、風水をテーマにした番組をよく見かけます。コミックでもアニメでも、小説でも映画でも、安倍晴明を中心に、風水師の活躍ぶりが繰り返し描かれています。風水は今日、私たちの生活のなかにしっかり定着した感があります。
でも困るのは、日本風水にはさまざまな流派があるため、それぞれの流派で意見が対立していることが、ときどきあることです。その代表ともいえるのが、赤いお財布をめぐる問題です。赤い財布は縁起が良い、金運が上がるとする流派もあれば、逆に金運が下がるから避けたほうがよい、とする流派もあります。
現在、日本でマスコミによく取り上げられる有名な風水師の方たちには、赤い財布は金運を下げる、といった見解が多いようです。そのため、赤い財布はよくないとする風潮が、できあがっています。実際、デパートなどの財布売り場からは、赤い財布が消えている、とも言われています。
赤い財布をもつことで金運が上がるのか、それとも下がるのか、双方の見解に耳を傾けてみましょう。


赤い財布が金運を下げる!


まずは、多数派である、赤い財布をもつと金運が下がる、という解釈から見ていきましょう。赤色の財布をもつと、なぜ金運が下がるのかといえば、それは、赤色には火の気が宿っているためです。赤のもつ強い火の気が、財布のなかのお金を溶かしてしまうため、金運が下がるとされています。
お金はそのものズバリ金の気をもっています。火の気と金の気は、とても相性が悪い関係にあります。溶鉱炉に代表されるように、金属は火によって溶けてしまいます。ですから、財布に宿っている金の気が、赤色のもつ火の気によって溶けてなくなってしまうため、赤い財布は金運を下げる、という理屈です。
こうした解釈は、中国から伝わった風水が日本で独自に発展する際に、生まれたものです。風水の本場である中国には、このような思想はありません。もっとも、それを言い出すと、中国ではつい最近まで財布そのものを持ち歩く習慣がなかったため、財布そのものへの意識が希薄です。
陰陽道をはじめとする日本風水は、日本に広まるとともに、日本の風土や文化と交わりながら、中国風水とは違う形で発展しました。そのことの是非を問うてみても、無意味です。中国伝来の五行思想を日本的に解釈した結果が、赤い財布は金運を落とす、という結論を導いたのです。


赤い財布は縁起が良い!


一方、赤色は、古代より縁起の良い色として珍重されてきました。めでたいときには赤飯を炊きますよね? 新生児は赤ちゃんと呼ばれます。通常、神社の鳥居は赤く塗られています。このように、赤色は昔から、吉祥の色として親しまれてきました。
古代より連綿と受け継がれてきた赤色を慶事で多用する習慣を尊重するのであれば、赤い財布は縁起が良く、金運を上げてくれると考える方が自然です。少なくとも風水では、赤色を慶事の色として活用してきました。
赤い財布をめぐる見解は双方が対立したままですが、どちらが正しいかよりも大切なことは、自分自身が赤い財布を見て、使いたいと思ったかどうかです。いくら風水でよいと言われた財布であろうとも、その財布の色やデザインが気に入らなくて、いまいち使う気がしないのであれば、金運など上がるはずもありません。
逆に、風水でどうのこうの言われようとも、自分が気に入って使いたいと思った財布であれば、金運は自然についてきます。人の想念自体が、強力な気なのです。その財布を使って楽しい、うれしいと思えるなら、プラスエネルギーが湧き出ています。金運はそうしたプラスエネルギーの満ちるところに寄ってきます。

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ