花風水の基本 花風水入門

花風水

<花風水とは>

風水では「理気」と「らん頭」という2つの気を測る術を用います。

「理気」とは目に見えない気の流れを測る術で、「らん頭」は目に見える気の

吉凶を測る術です。この「理気」と「らん頭」の組み合わせによって吉凶を

判断するのが本来の風水です。

風水では、私たちに幸運をもたらすいい気は龍脈に沿って流れ、龍穴に集まると

考えられています。そしてそのようないい気の集まる理想の地形を風水環境上最高の地、

「四神相応の地」とよびます。

古来中国では故宮、紫禁城は四神相応の地になるように計画的につくられました。

また日本においても平城京や平安京もこれに習ってつくられたといわれています。

しかし現代においては環境の著しい悪化や無計画な開発により、四神相応の地を探すのは

不可能に近く、ここの住まいに置ける環境整備学ともいえる陽宅風水が中心となり、運命に

変化を与え、自分の願いをより成就できるように住まいの気の乱れや澱みを風水アイテム

によって改善する「化殺風水」が注目されてきました。花風水も花や植物のパワーを

使った「化殺風水」といえます。

化殺とは、悪いものをもみ消し、いいものを呼び込んだり生み出したりすることで

花や植物のパワーを使い、願い事を成就するために願いごとに適した色の花をそのパワーを強めてくれる方位に飾り、良い運気を呼び込むのが花風水です。

<花風水と実践方法>

気は人間をはじめ、宇宙や地球、水や火、動物や植物などすべてのものから出ていて

私たちがよく感じるものと感じにくいものがあり、そのすべての気が私たちに大きな影響を

与えています。建物に入ったとたん、何か落ち着かないといったことや居心地が悪いな、といったような

経験はありませんか?

これはあなたの気がその場にある澱んだ邪悪な気を感じ取っているから、と考えられます。

ところが私たちには順応性という、回りの環境に自分たちが合わせていくという性質があるため

その環境に適合しようと無意識のうちうに努力をしてしまいます。

その結果知らず知らずのうちに私たちの体内に悪い気が入り込んでしまうのです。

もしあなたの住まいにこのような経験を一度でも体験したような場所があったなら、

今でもこのように感じる場所があるならば、今すぐ花風水を実践してほしいと思います。

花風水で開運する事により徐々に環境から改善して運気の上昇をはかることができます。

花風水という風水の中でも専門的分野となるこの風水に皆さんもぜひチャレンジしてみてください!

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る