緑色の風水学的意味を知ろう

緑の風水

<風水における「緑」>

緑は運気のもととなる「気」の中でも「木の気」に属しており、

自然に対してのイメージが最も強い風水色とされています。

自然のイメージが強いだけでなく自然を取り入れることでさまざまな効果を発揮しますが、

一番はリラックス効果を発揮するということです。

疲れたときには緑色のものを見ると良い、とよく言いますが

緑色は別名「アイレストグリーン」と呼ばれ、特に目のリラックス効果に特化している

といわれています。

目の疲れは身体の疲れや脳の疲れと連動してしまい身体全体に疲労を回す原因になるので、

目の疲れを緑色のリラックス効果で癒すことによってストレスを軽減することができます。

見る対象としては観葉植物などがよいかもしれません。

リラックス効果をもたらす緑は基本的にはどこにおいても基本は害になりません。

緑は紫などと同様に色彩をもつものの色味に明るさを持たない中性色の一種です。

1色ではさほどな大きなインパクトはなく、色の色彩に温度が感じにくい色ですが、

あまり目立ちすぎないので年中を通して、また家のもともとあるようなものとも

比較的合わせやすい色とされていますので、観葉植物などを一定の場所に一定期間

おいても害はありませんリラックス効果は持続すると考えられます。

緑は明るい青、特に水色などと組み合わせることによって金運アップに期待が出来ます。

また珍しく黒との組み合わせに相性が良い色でもあるので、インテリアに黒があれば

その横に観葉植物などの緑のインテリアを置くと良いかもしれません。

ライトグリーンなどの明るい緑は深緑と合わせることで恋愛運がアップすると考えられています。

<東に位置する「緑」>

緑の方角は「木の気」が属している東の方角に位置しています。

ただし、緑には色の濃さによって属する方角に若干の違いが出てきます。

なぜなら緑は明るい緑=若葉、濃い緑=成熟した葉、というようなイメージがあると考えられるからです。

若葉のイメージのある明るい緑は主に成長の象徴ともされます。

濃い緑に関しては方角が南東の属すると考えられますので注意です。

<風水インテリアの観点から見る「緑」>

緑を取り入れる際には東か南東に緑のものを置くと良いのですが

インテリア的にやはりおすすめなのは「観葉植物」を取り入れることです。

観葉植物にも種類が様々あり、意味の変わってくるものもありますので調べながら

観葉植物を飾るのはよいと思います。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る