狭い部屋を広く見せる家具の配置とは ついでに風水で運気アップ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワンルームの狭い部屋は、風水から見ても、あまり好ましい環境とはいえません。とはいえ家賃が高い日本の住宅環境では、贅沢ばかりも言ってられません。それならば、選択肢はひとつです。部屋の物理的な大きさは変えようもありませんが、たとえ狭い部屋でも家具のレイアウトによっては、広く感じることだってできます。

風水で大切なのは、そこに暮らす人が快適さを満喫できるかどうかです。どんな豪邸に暮らしていようとも、それを快適に思えないのであれば、いくら形だけを風水に合わせたところで、運気は上がりません。逆に、どんなに部屋が狭くても、工夫次第で快適さを楽しめるのであれば、それは結果的に風水の理にかなった環境といえるため、運気アップが期待できます。

風水の法則に沿いながら、狭い部屋を広く見せるための家具の配置の仕方について、まとめてみました。

まずはベッドの配置から決めよう!

ワンルームでもっともサイズの大きな家具といえば、ベッドです。まずはベッドから配置していきましょう。風水では玄関に次いで寝室を重要な場所と考えるため、ベッドの配置についても細かな定めがいろいろとあります。しかし、ワンルームの場合は物理的な制約があるため、必ずしも風水で良いとされる方角にベッドを置けない場合もあります。

部屋を広く見せるためには、部屋の奥の角にベッドを壁にぴたりとつけるのがベストです。ただし、風水的には窓の近くにベッドを置くのは、本来はNGです。ワンルームでは玄関から見て正面の奥に窓やサッシがあることが一般的です。そのため、部屋の奥の角にベッドを配すと、どうしても窓の近くになりがちです。

その場合は窓に二重にカーテンをかけて、厚手の天然素材のカーテンを選ぶことで、ある程度緩和されます。その場合でもベッドの頭は、隙間がないように壁につけるようにしてください。ベッドの頭に窓が位置するレイアウトは、風水ではアウトです。

部屋を広く見せるためには、高さができるだけ低い家具で統一するようにします。ベッドも同様です。ローベッドを選んだ方がよいでしょう。でも、ローベッドは床に近い分、ほこりもつきやすくなります。床を小まめに掃除する習慣も身につけましょう。

また、風水ではワンルームといえども、寝室を区切る工夫が大切になります。玄関から入ってベッドが丸見えの状態では、いくら部屋が広く見えても、風水的には凶相になります。そこでおすすめなのは、低めの収納家具をベッドを隠すように配置することで、簡易な間仕切りにすることです。収納スペースを確保しながら、ベッドを隠せ、プライベートな寝室のスペースとしての機能も果たせます。

視線の抜けが気の流れを確保する

背の低い家具で統一するとともに、視線の抜けを確保するようにレイアウトすることが、風水の観点から見てもおすすめです。そのためには家具を壁側につけて配置することで、人が快適に歩けるスペースを開けておくようにしてください。歩くときにじぐざぐになるような家具のレイアウトは、風水ではNGです。

気がスムーズに循環するスペースを確保することが、風水ではとても大切になります。気の流れが家具によって遮られて滞ると、負のパワーが増大してしまいます。狭い空間を風水が嫌うのは、こうした気の流れが滞りやすいためです。しかし、部屋自体が狭くても、気が円滑に流れるような空間が確保されてさえいれば、問題は起きません。

気と空気は異なるものですが、玄関から入ってきた風が、部屋のなかをサーッと一回りするような空間を、意識して作るようにしてください。そうすれば気の循環が促され、運気アップがもたらされます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ