春夏におすすめしたい風水インテリア

春夏のインテリア 風水

「風水インテリア」

みなさんはこの言葉をご存知でしょうか。

その名の通り風水に際したインテリアの方法なのですが、

風水なんか信用できるか!という方にもおすすめです。

統一感を重視するために、インテリアとして今よりさらにレベルアップを図れたり

春夏秋冬で変化をもたらしたり季節感を重視するインテリアを考えるため

飽きのこないつくりになります。

今回はその中でも春夏に焦点を当ててみましょう。

<春の風水インテリア>

春という季節は動物の冬眠などがさめたり、植物の新しい命が芽生えやすい時期、

「成長」というテーマを大きくつかさどる時期です。

そのため、仕事運や対人運、恋愛運などで大きな発展を可能にする発展運が影響力を強める、

と風水の環境学的には考えられます。

たしかに卒業・入学シーズンであったり、入社などもこの時期には多いものです。

感覚としては3・4月に発展の前兆となる気を呼び、5月ごろに発展させるというような

流れを考えていきます。

春のイメージとされるような桃・梅・桜などを具合によって取り入れていくようなインテリア

を目指します。

インテリアの主なイメージとしては色を重視したカラフルでファブリック要素のある雰囲気を目指し、

例えば今あるソファーにピンクや黄緑のクッションを飾り、少し春の桜カラーにしてみたり、

ところどころに黄色のアクセントをつけてタンポポのようなカラーにしてみたりと

成長の時期で様々な色がもたらされるこの時期だからこそ、色の遊び方も様々です。

また植物の成長が多いこの時期は香りを吸収しやすいため、いい香りのものを置くことでより効果が

増すでしょう。

<夏の風水インテリア>

春は成長の季節から「木の気」を持つと考えられる一方、夏は「火の気」を持つ季節

と考えられています。

そのため方角は最も暑くなる南が最適方角とされ、運気としては

美人運や知識運、芸術運などが高まると考えられます。

運気の代謝が最もよくなるこの時期に関しては、自分の中で何かを変えたい!

というものがあればチャレンジすると良い時期でしょう。

ただし6月に関しては梅雨の時期と重なり水の気を持ちやすい時期となります。

水の気は陰気な運気をもたらすとされます。

雨の日はなんかテンションあがらないな・・・

こんな感覚よくありませんか?

このため6月はおとなしく行動する、7・8月が夏の本番と考えます。

インテリアには「火の気」をどんどん増やしていくことができる「木の気」を

取り入れた、また熱を持ちすぎないように涼しげな雰囲気のインテリアがよいと考えられます。

観葉植物やアジアンテイストの家具などを置くと非常に涼しげな雰囲気に変化します。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る