旅行風水の効果

風水

旅行風水の効果   旅行風水の効果は、明日やあさってにすぐに現れるものではありません。

その前にデトックスと呼ばれる毒出しがあるので、 「吉方位へ行ったのに何で良いことがないんだろう。」と

不安になるかもしれませんが、効果は必ず現れるので心配しなくても大丈夫です。

基本的に旅行風水の効果は、「線路の法則」と呼ばれる法則に従って現れます。

「線路の法則」は1・4・7・10・13という数字に基づいて現れるというもので、

例えば旅行先までの距離が遠く滞在期間が多い場合は、 1年後・4年後・7年後・10年後・13年後に効果が現れると言われています。

近隣の他県に旅行した場合は、 1ケ月後・4ケ月後・7ケ月後・10ケ月後・13ケ月後。

市内などに日帰りで出かけた場合は 翌日・3日後・7日後・10日後・13日後に効果が感じられます。

遠ければ遠いほど。滞在日数が多ければ多いほど効果は大きく、 その代わりに効果が現れるまでに時間がかかります。

果報は寝て待て。という格言どおりに、 忘れかけていた頃に素敵なサプライズが起こるわけです。

「そんなの待っていられない。」と 思う人もいるかもしれませんが、 風水は飲んですぐ効く薬ではないので、

効果が現れるまでには準備期間が必要なのです。

旅行に行った後、 効果が現れるまでに腹痛・頭痛・めまいなどの体調を 崩して寝込んだりする人もいますが、

これは毒出しなので安心して下さい。 もちろん全ての人に現れるわけではありませんが、

デトックスできていない人ほどその反動は大きいです。

楽しく旅行して風水の効果を得る。 これが旅行風水の醍醐味です。

ただ、旅行風水を実行するためには、吉日・吉方位を選ぶ必要があるので、

その点はきちんと確認した上で計画を立てるようにして下さい。

旅行風水はそれぞれの方位によって、得られる効果に違いがあります。

北→健康運・愛情運・子宝運。北西→勝負運・独立運。西→金運・恋愛運。 南西→家庭運・仕事運。南→名誉運・才能運。東→発展運。

北東→変化運・不動産運。東南→人間関係運と 言われています。

さて、それでは旅行に出かける吉日はどうやって調べたら良いと思いますか?

吉日は暦の掲載されたカレンダーを確認すれば割り出すことができますが、 少し計算が難しいので、簡単に説明します。

一般的なカレンダーには、その月が風水上の九星のどの星に影響 されている時期か明記されています。

例えば平成25年で言えば、平成25年は五黄土星の年。 そしてその年の2月はニ黒土星の月。

その2月の中でニ黒土星の重なる日を探し出せば、それが吉日となります。

これらは専門的な風水の計算が必要になるので、 簡単に割り出すには暦の掲載された カレンダーがいちばんわかりやすいです。

そして吉日がわかったら、自分がどの運気を取りに行きたいのか。

その月にどの方角と相性が良いのかを調べて、 あとは出発するだけです。

この相性が重要で、この判断によっては吉となるか凶となるか 決まってしまうのです。

どの方角と相性が良いのかは、風水資格講座を取得すれば学習できます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ