捨てる風水術でいらないものを捨てて新しい運気を

風水で要らないものを捨てて運勢を変わる

風水では古いもの使わないものには陰気が宿り、 全体の運を引き下げてしまうという考え方があります。 いつ使うかわからないものなど、古いことに意味のないものはきっぱりと捨ててしまいましょう。 ただしきちんと捨てないと、捨てたものとの縁が続いてしまい、 運気ダウンにつながる場合があります。 アイテムごとの捨て方を参考に、 掃除の一環として整理されてみると良いと思います。

①お守り・おみくじ

お守りはだいたい1年物なので年が変わったら捨てるような習慣を持つとよいでしょう。 基本的に神社で頂いたものは神社へ返し、お寺で頂いたものはお寺に帰せば、 お守りを頂いたところに返すことにこだわらなくても大丈夫です。

②プレゼント

プレゼントにはくれた方の気持ちがこもっているので、 嫌いな方からもらったものは使わず捨てるのが得策です。 天気の良い陽気な日に晴れ晴れと捨てるようにしましょう。

③人形

人形は持っている人の容姿にも影響を与えるので特に注意が必要です。 まず顔をキレイに拭いて和紙や布などで顔をくるみ、紙袋等に入れて他のごみとは別に捨てましょう。

④財布

財布は3年を目安に交換すると金運のめぐりが良くなります。 金の気を持つアイテムなので金運をスムーズにする水の気を持つ水辺のゴミ箱などに捨てます。 ただしむき出しで捨てるとダメなので紙袋などに入れて捨てましょう。

⑤日記・スケジュール帳

日記やスケジュール帳は年毎に捨てると良いでしょう。 特に悪いことがあった年のものは後を引くので気をつけて。 日記の角を少しちぎって春先に捨てると運気アップにつながります。

⑥衣服

古いものや流行おくれのものをしまっておくと人の縁や出会い運が落ち込みます。 捨てる場合は他のゴミの臭いがつかないように分けて捨てましょう。

⑦下着

着古した下着は出会い運をダウンさせます。 捨てる場合はビニールではなく紙袋に包んですてましょう。

⑧写真

写真を捨てる場合は陽気な日に紙に包んで捨てましょう。 昔の恋人などの写真をいつまでもとっておくと新しい出会いに恵まれなくなります。

⑨絵画

10年以上飾っていた絵や描いてもらった絵などは、 刃物で何回か切って捨てると絵との縁をきれいに切ることができます。 その他の絵はそのまま捨ててもOKです。

⑩書物

書には強い念と意味が込められているのでただ捨てるのは避けましょう。 書の角を少しちぎって捨てるとすっきりします。

このように捨てる皇帝さえ間違えなければ誰でも行うことが出来運気アップにもつながります。ぜひ行ってみては??

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る