幸福を呼び込む寝室風水のベッドの配置とは? これで運気上昇!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング
風水では寝室を、玄関とキッチンと並ぶ重要なポイントとしてとらえています。寝室が風水の理にかなっていないと、健康面に問題が起きたり、金運や恋愛運など、さまざまな運気を下げる原因になってしまいます。寝室のなかでも、特に大きなウェイトを占めるのは、ベッドです。寝室の主役はなんと言ってもベッドですから、当然と言えば当然です。では、風水の観点から、ベッドの配置で気をつけなければいけないこととは、「なんでしょうか? 風水におけるベッドの正しい配置について、まとめてみました。ベッドを置いてはいけない場所とは? どうせなら、ぐっすり安眠できる場所にベッドを置きたいと思うのは、ごく普通の感情です。では、リラックスして眠られそうな場所と、風水ですすめる場所とでは、ベッドの配置はどちらを優先すればよいのでしょうか? 実は、こうした悩みを抱えるケーズは、ほとんどありません。なぜなら風水の本質は環境学であり、人がゆっくりと熟睡できる場所にベッドを置くことをすすめているからです。逆に、安眠の妨げになる可能性が高い場所は、風水ではベッドを置いてはいけない場所として戒めています。たとえば、ドアの延長線上です。風水ではあらゆる現象を「気」を使って説明します。それによると、ドアを開けて真正面の壁に至るラインは、気の通り道とされています。このライン上にベッドがあると、ドアから入ってきた気が、ベッドで寝ている人を直撃します。もちろん、それが良い気であれば歓迎すべきことですが、残念ながら寝室に入ってくる気は、良い気ばかりではありません。悪い気も、当然侵入してきます。人は寝ている間が、一番無防備になります。そのとき、悪い気が身体を直撃すれば、その影響を受けて健康を崩したり、運気を著しく下げる結果となってしまいます。だからこそ、ドアの延長線上にはベッドを置いてはいけないと、されているのです。でも、考えてみれば、誰かがドアを開けたときに、すぐに寝姿を見られる位置にベッドがあるようでは、落ち着きませんよね。部屋が狭くて、どうしてもドアの延長線上にベッドを置く場合は、せめてパーティションでも置いて、目隠しにしたいと思いませんか? 風水でも、ドアの延長線上にベッドを置く場合は、ついたてを立てたり、大きな観葉植物を置くなどして、ドアから入った気がベッドに直撃することを防ぐようにするとよいと教えています。風水の教えは、単なる迷信ではなく、環境学の観点から、人が快適に過ごせるための知恵となっている事例が、案外多いのです。ベッドを置くのに最適な場所とは? 寝室のベッドの配置は、風水では通常、本命卦を用いて割り出します。しかし、そこまで厳密に気を使わなくても、一般的に見て、財運と恋愛運を上げられる配置があります。それは、部屋のドアから見て、対角線上にある逆の方向にベッドを配置することです。たとえば、ドアが部屋の右隅にあるなら、ベッドの配置は左隅が最適です。ドアの位置が左隅なら、ベッドは右隅に配置すべきです。ドアから見て対角線上にベッドを配置することで、気の流れがゆるやかにベッドへと到達するため、安らかな眠りに包まれることができます。その際、ベッドは壁にぴったりとつけるようにしてください。ベッドと壁の間に空間が生じると、その空間に淀みが生じ、悪い気がたまりやすくなります。気は循環するからこそ、淀むこともなく、清らかさを保っていられます。ベッドは壁に隙間のないように押しつけるのが、風水的には正解です。また、ドアと対角線上がベストでも、近くに窓が位置している場合は、ベッドの配置に適していません。窓からは悪い気が侵入しやすいため、寝ている間にもろに直撃される羽目に陥ってしまいます。どうしても、窓の近くにベッドを配するよりない場合は、窓のカーテンに厚手の天然素材のものを選ぶようにしてください。悪い気を少しでも阻むためです。以上のことを踏まえてベッドを配置したのに、なんとなく寝付きが悪いときは、気の流れがなんらかの原因で阻害されていることが考えられます。もう一度寝室のレイアウトを、よく見直してみましょう。また、ベッドを10センチほどの範囲で移動してみて、眠りやすいポイントを探すことも有効な手段です。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る