寝室のカーテンの色で運命が変わるなんて! 風水から見たカーテン選びのポイント!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング
一日の疲れを癒やす上で、寝室の果たす役割は重要です。風水では、人は寝ている間に、その空間に漂う良い気を吸収し、明日への活力にすると教えています。そのため、寝室のレイアウトをする際には、寝室にできるだけ多くの良い気を満たしておくように心がけることが、ポイントになります。寝室から悪い気を追い払い、良い気を満たすためには、寝室のなかで大きな面積を占めるカーテンが、とても大切になります。風水では、カーテンの色や柄の選び方ひとつで、運命が大きく変わるとしています。では、寝室にはどんなカーテンを選べば、幸運を呼び込むことができるのでしょうか? カーテン選びの前に気をつけるべきこと カーテンの色と柄を選ぶ前に、寝室のカーテンで気をつけるべきことがいくつかあります。まず、寝室のカーテンは必ず二重にかけるようにしてください。レースと厚手のカーテンを二枚重ねで使うようにします。カーテンを二重にしないと、寝室から良い気が窓の外へと流れ出してしまうため、寝室に良い気が滞留しなくなります。カーテンを二枚重ねにすることで寝室の気の流れが安定するため、良い気が逃げ出さなくなります。次に、カーテンは朝には必ず開けて、換気をしっかり行うようにしてください。どうせ帰宅は遅くなるからと、カーテンを閉めっぱなしで出かけることは、風水的にはNGです。換気をする時間的な余裕まではないときでも、カーテンを開けて寝室を明るくすることには大きな意味があります。良い気は明るい空間を好み、集まってくるからです。ところがカーテンを閉め切ったままだと、昼間でも暗いため、良い気は一斉に逃げ出してしまいます。眠るとき以外は、寝室はできるだけ明るくするように心がけるとよいでしょう。また、眠るときもすべての明かりを消して真っ暗にすることは、風水の観点からはアウトです。ベッドの脇に柔らかな光を灯す照明を置くなどして、真っ暗な空間にならないように気をつけてください。幸運をもたらす寝室のカーテンとは? 寝室は落ち着いて眠れる空間にすることが、何よりも大切です。風水は環境学でもあるため、快眠へと人を誘うカーテンの色と柄を優先します。そのため、あまりにも派手な色のカーテンは、当たり前ながら寝室には適しません。ビビッドカラーはできるだけ避けた方が賢明です。寝室に向くカーテンは、淡くて優しい色合いのパステル調のものや、自分から見て気分が落ち着く色です。つまり、自分にとって癒やしを得られると感じる色のカーテンを選ぶことが大切です。一般的にはサーモンピンクやパステルオレンジなど、暖色系の柔らかな色合いのカーテンを選ぶとよいでしょう。パステル系のピンクのカーテンは、恋愛運を上げることにも効果的です。よく部屋や自分の周りのものをパステルピンクで統一する女性がいますが、風水的には実は理にかなっています。パステルピンクには、人を優しい気持ちにさせるパワーが宿っているからです。そのため、風水ではパステルピンクに取り巻かれて暮らすことで、女子力が自然にアップすると教えています。柄も、あまりにもゴチャゴチャしたものは避けた方がよいです。寝室には無地のカーテンを合わせるのがベストですが、ワンルームなど寝室とリビングを兼用するような場合は、星柄や水玉・チェック柄を基調としたデザインのものを選ぶとよいでしょう。星柄には、金運を上げる効果があります。水玉模様は、運気全般を底上げしてくれます。チェック柄は家族運を上げることで、人間関係が円滑に進むようになります。花柄も対人関係を良好にさせる力があります。カーテンの素材には、できるだけ天然素材のものを選ぶと、より効果的です。綿や麻などが、寝室のカーテンとして適しています。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ