家と風水 運気の流れが、なぜ人に幸せをもたらすの?

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

家の間取りや、玄関や寝室・リビング・キッチン・トイレや浴室などの空間作りに、昔から風水は利用されてきました。中国大陸から日本に風水がもたらされたのは、今からおよそ千五百年ほど前のことです。今日では、中国の風水と日本風水では、かなりの差異が認められます。風水とは統計学でもあり、環境学でもあります。千年以上の長い歳月をかけて、中国風水は日本の風土に合うように、塗り替えられてきました。その結果として、日本風水が日本の国土に根付いたのです。

でも、不思議に思いませんか? 風水の教えに従って家を整えることで、なぜ人は幸せになれるのでしょうか? 統計学としての風水の秘密について、まとめてみました。

統計は科学を超える

現在では科学が発達したため、さまざまなことを科学的に考察できるようになりました。科学の力で人は空を飛び、海を渡ることができます。電気や電波の発見により、私たちの周りには電化製品があふれ、スマホやパソコンを通して、世界中の人々と瞬時につながることができます。医学の進歩にも凄まじいものがあります。昔は原因不明とされた疾病も、今日ではそのほとんどの病理が解明されており、治療技術も年々高まっています。

こうした科学の進歩に伴い、風水の教えが、実は科学的に考察しても理にかなったものであることが、明らかにされています。たとえば、鬼門にトイレを配置してはいけない、という定めが風水にはあります。鬼門とは北東の方角です。北東は冬になると、北風がもっとも強く吹き込む方角です。つまりすべての方位のなかで、もっとも温度が低くなるのが北東です。

北東にトイレを配置すると、家のなかでもっとも寒い場所で用を足さなければいけなくなります。暖かな部屋から、もっとも寒い北東のトイレに入ると、それだけで脳梗塞や心筋梗塞になりやすいことは、現代の医学知識から見れば当たり前のことです。病人が出やすい環境にある家が、凶相を秘めていると位置づけられることは、当然といえるでしょう。

つまり、医学的な知識のあるなしにかかわらず、北東にトイレを配置してはいけない、という風水の教えを守るだけで、病気を予防できることになります。まして昔の日本家屋では、トイレが母屋から離れた場所に置かれることが一般的だったため、北東にあるトイレは、まさに病気を呼びやすい環境にあったのです。

では、風水はどうやって、結果的にみれば十分に科学的な知識を得ることができたのでしょうか? その秘密は統計学にあります。風水は運気を操りたいと願う人々が何世代にもわたって、数千年の歳月の果てに、仮説を立てては検証を繰り返した統計を基に、理論的に構築されています。風水は経験則から、北東にトイレを配置してはいけない、と結論づけたのです。

統計によるデータの蓄積が、最新の科学によって根拠づけられているのが、風水なのです。

風水は現代の科学では、とらえきれない

風水では、目では見ることのできない「気」という存在を前提に、理論が組み立てられています。気の正体は、今日の言葉でいうところのエネルギーです。それがどのようなエネルギーなのかは、まだわかっていません。ですが、風水で定める気の性質が、今日の電磁波と極めて近いことがたしかめられています。

科学は常に新しい発見により、塗り替えられる定めにあります。現在の科学は、現在の視点から見れば最先端の科学ですが、あと五年や十年後から振り返ってみれば、時代遅れの古い科学と感じられることでしょう。ですから、現代の科学だけで風水の全貌をつかむことは不可能です。

気が遠くなるほどの長い歳月をかけて、経験則から構築された風水の気の理論は、現代を生きる私たちにも多くの示唆を与えてくれます。風水を活用することで、幸福度を上げるという選択もまた、十分に理にかなっているといえるでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ