占星術で読み解くのは人が持って生まれた容れ物の形

星占い 風水

占星術では、その人が地上に生まれ出た瞬間に天に現れていた星の配置が、その人の一生を支配すると考えています。

そうすると、全く同じ日時に同じ場所で生まれた人は、全く同じ人生になるの? という疑問が湧いてくるわけですね。

でも全く同じ人生を生きてる人たちなんて、実際にいるものなんでしょうか。

占星術では、同じ配置の星を持って生まれた人であっても何がどう違うのか、以下のように解釈します。

1.星の配置が同じなのは間取りが同じということ

例えば、同じマンション内で、全く同じ間取りの部屋、って珍しくないですよね。

でも、マンション内で行き来をして、同じ間取りの他の人のお宅におじゃましたとき、ずいぶんと雰囲気が違うもんだなあ、と感じることもまた珍しいことではないと思います。

全く同じ方向に向いた、全く同じ大きさの窓であっても、そこに何色のカーテンをかけるのか、いやカーテンじゃなくブラインドにするのか、そういう違いだけでその住まいの印象はずいぶん変わってきます。

占星術でも同じです。

全く同じ日時、同じ場所で生まれて、全く同じ星の配置を持って生まれた人同士であっても、そういう本当にささいな選択の積み重ねによって、人生全体の雰囲気が違ってくるのです。

もちろん、最初から家族構成や生活環境が違っているのもまた当然で、それは同じ間取りであっても家具付きだったりそうでなかったりみたいな違いだと考えれば、わかりやすいのではないでしょうか。

2.決まっているようで実は決めつけない西洋占星術

人が持って生まれた星の配置、というものは、一緒変わりませんし、変えられません。

それは、一生取り換えのきかない同じ家に住み続けているのと同じようなものです。

だからこうも言えます。根本的な部分は変えられなくても、ちょっと模様替えをしてみたり、リフォームをしてみたりすることで、生活の質を変えることもできますよ、と。

これも例えば、キッチンの導線が良くなくてどうも使いづらいなあと思いながら使っていたけれど、思い切って家具を全部動かして模様替えしたらすごく使いやすくなった、みたいなことを想像してください。

これまた、占星術でも同じなのです。

なんか上手くいかない、どうも同じところでつまづいてしまう、というパターンに陥っていた人が、ほんのちょっと見方を変え、マイナスだととらえていたことをプラスに転化できれば、急になにもかも上手くいきだしたりするものなのです。

これは、全ての天体に良い面と悪い面があるからです。

この天体が太陽の人生目的の実現をじゃましている、と感じてしまうような配置であっても、その天体の良い面を引き出すようにすれば、それはじゃまではなく自分自身の成長を助けてくれるものになったりするのです。

要は、どんな間取り=星の配置も使い方次第、ということなのです。

西洋占星術は、この星があるからコレはダメ、なんて決めつけ方はしません。

持って生まれた「間取り」は変えられなくても、それをどのように使えばより自分にとって楽に暮らせるのか、それを考える手がかりを探すのが西洋占星術なのです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る