八白土星の2017年ラッキーカラーとは?

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

九星気学と風水は、厳密には異なるものです。どちらも中国で同じような時代に生まれたため、今日の日本風水では、九星気学を積極的に取り入れる動きが目立っています。生まれた年度によって影響を強く受けた「気」によって、人生を占う東洋占星術が、九星気学です。九星気学の理論をもとに、今回は八白土星に生を受けた人の2017年度のラッキーカラーについて、まとめてみました。

八白土星の人の2017年ラッキーカラー!

2017年のラッキーカラーについては、日本で高名な二人の風水師が、それぞれに3色をあげています。ドクターコパさんは、ブルー・シルバー・ゴールドの3色をあげ、李家幽竹さんはサクラピンク・エメラルドブルー・ミルキーホワイトの3色を、2017年のラッキーカラーとして推奨しています。

お二人の見解がわかれるのは、風水の流派が異なるためです。ドクターコパさんは日本風水の一派を代表しており、李家幽竹さんは、朝鮮由来の李朝風水術のただ一人の継承者とされています。青色が、二人の推奨するラッキーカラーとしてだぶっていることから、2017年は淡い明るい色調の青色が、もっとも手堅いラッキーカラーといえるでしょうね。

こうした2017年全体のラッキーカラーとは別に、九星ごとに、個別のラッキーカラーが割り当てられています。李家幽竹さんによると、八白土星の人の2017年ラッキーカラーは、フェアリーブルーとしています。フェアリーブルーによって、2017年度に強いエネルギーをもつとされる水の気の流れがよくなり、夢を叶える力が増すと、李家幽竹さんは語っています。

もともと、八白土星にとって相性のよいカラーは、白と黄色です。ですから、白と黄色もラッキーカラーですが、2017年の星の配置から見て、八白土星にとってもっとも幸運に恵まれやすいカラーは青色とされています。

つまり、八白土星にとってのラッキーカラーと、2017年全体のラッキーカラーがともに青色でだぶるため、八白土星の人は、青色を取り入れた洋服や下着を身につけ、ハンカチなどの小物を青色に変えることで、2017年度はより幸運をつかむことができるわけです。

濃い青ではなく、水色に近いパステル調の明るい青色を選ぶことがポイントです。

八白土星の2017年の運命とは?

八白土星の人にとって、2016年は「暗剣殺」と呼ばれる1年でした。言葉からイメージできるように、なにかと波乱が多く、災厄が続く1年だったことでしょう。

2017年は不遇の時代が去り、これまでの努力がいよいよ芽吹く年とされています。それは、2017年の八白土星が、震宮と呼ばれる宮に入るからです。震宮は三碧木星の定位とされています。震宮の力を借りて、一気に開運へと走り出せるのが2017年という年なのです。

九星気学では、これを「三碧象意を活用する」、と表現します。そしてこの三碧象意のカラーこそが、青色なのです。青色のパワーを活用して、自ら運命を切り開くことが、八白土星の人に課せられた2017年の目標になります。

一方、歳破と呼ばれる凶神も、2017年には巡ってきます。そのため、なんの努力もせずに流されてしまうと、なにかと厄介な事態に巻き込まれやすくなります。そうした災厄を避ける意味でも、ラッキーカラーとして青色を、賢く活用してください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ