何を選べばいいの?持ち物風水による開運効果について

何を選べばいいの?持ち物風水による開運効果について

風水といえば、部屋を整えたり、家具の場所を変えることで開運を導くというイメージ。しかし、普段の持ち物を選ぶことでも、同じように開運効果を得ることができます。それでは、どのようなものを選ぶと運気をアップさせることができるのでしょうか。今回は持ち物風水による開運効果についてご紹介します。

持ち物風水の効果

風水は、陰陽五行説などに基づいた中国に由来する開運術。それでは風水と持ち物はどのような関係にあるのでしょうか。

インテリアや方角だけでなく、持ち物にも風水は関係する

風水は、方角や部屋の特徴などを応用して運気を開く技術です。

その中でも重要になるのが、陰陽五行説という考え方。陰陽五行説はすべてのものは陰陽と五行に分類できるという中国古来の考え方です。

この中の五行にはそれぞれの色が割り振られていますが、実は風水でも、この陰陽五行説に基づいた色が利用され、必要な運気を高めたり、補うための役割を果たしています。

普段の持ち物にもこの陰陽五行説を取り入れるというのが持ち物風水の考え方です。

持ち物を整えることで良い運気を引き寄せられる

さらに風水の基本となるのは「気の巡りを整える」という考え方。風水は悪い気を追い払い、良い気を取り入れることで運気アップを目指します。

たとえば、風水では古いものには陰の気が宿ると考えます。この陰の気は、さらに別の悪い気を呼びよせるため、運気アップのためにはマイナス。

また、質の悪いものや、自分に合わないものも同様に悪い気の原因となります。

逆に質の良いものを持っていると、良い運気が生まれるだけでなく、良い運気がさらに良いものを呼び寄せる好循環に突入、結果として様々な運気がアップします。

つまり持ち物風水は、持ち物を整えることで良い運気を引き寄せる技術と考えることができます。

持ち物風水のやり方

持ち物を変えるだけで運気がアップする持ち物風水。では、持ち物風水を取り入れるためにはどうすればよいのでしょうか。

上げたい運気に合わせたアイテム・色を持つ

持ち物風水の基本は、上げたい運に合わせてアイテムや色を選ぶということです。

風水では、持ち物はそれぞれの運を司ると考えます。たとえば「鞄」は「行動運」、「財布」は「金運」といったように、それぞれが別の運を持っています。

また、持ち物には素材や色も重要。

自分の上げたい運によって、持ち物や素材、色を選ぶというのが持ち物風水のやり方です。

運気を下げる持ち方をしないようにする

風水には、同じ持ち物でも運気を上げる持ち方や使い方がある一方、運気を下げてしまうこともあります。

例えば財布。風水では財布は金運を司るだけでなく、様々な運気に影響を与えるといわれています。しかし、どれだけよいものを使っていたとしても、レシートをため込むなどの使い方をしていると、せっかくの運気が低下してしまいます。

また、靴も古いものよりも新しいものがよいと言われますが、良いものをきちんと手入れしながら長く使っているほうが、運気アップのためには効果的。

このように、「風水でよいものを持っているから」と油断せず、使い方にも気を配ることも重要です。

持ち物が運気を下げるケース

風水では、持ち物によって運気を下げるケースも珍しくありません。では、具体的にはどのような持ち物が運気を下げてしまうのでしょうか。

重い、荷物をつめすぎのカバン

持ち物風水で運気を下げてしまう道具の代表が「カバン」です。もしカバンが重く、荷物を詰め込みすぎている場合、それが原因で運気が下がってしまうことがあります。

というのも、荷物を詰め込みすぎて重くなったカバンは悪い運気が溜まりやすいもの。さらに一度溜まってしまった悪い気はなかなか表に出ることができません。

また、重いカバンは持ち主の行動運を鈍らせてしまうため、せっかくのチャンスをつかむことも難しくなります。

カバンで運気をアップさせるためには、まず荷物を整理して、不要なものはカバンから出しましょう。そうすることで、運気を上げるだけでなく、効率よく必要な荷物を取り出すこともできます。

服のポケットに物を入れ過ぎてパンパン

カバンは軽いものの、荷物を服などのポケットに入れて行動するという人もいますが、こちらも入れすぎはNGです。

しかも、服の場合はカバンよりも身体との距離が近いため、悪い気が身体に与える影響が強くなってしまいます。

そもそも、服のポケットに物を入れすぎているとせっかくの服のシルエットも台無し。見ていても「だらしない」といった印象を与えてしまいます。

こちらも必要なものを整理して、すっきりと行動できるように心がけましょう。

持ち物風水による色の選び方

陰陽五行説に基づく風水では色も重要な要素。それでは運気をアップさせるためにはどのような色選びを心がければよいのでしょうか。

財布

風水の財布といえば「黄色」というのが有名です。確かに、黄色は金運をアップさせるのには効果的。

しかし、もし金運をアップさせるだけでなく、お金をきちんと貯蓄したいという人には茶色やベージュなどもおすすめです。

風水では、「金」は「土」から生まれるとされているため、「土」の色である茶色やベージュは、お金を生んでくれると考えられます。

また、ついお金を使いすぎてしまうという人には「黒」の財布も効果的。風水では「黒」は「現状を守る」という意味があり、金運をアップすることはありませんが、浪費を防ぐためには役立ちます。

このように、色によって複数の意味があるため、目的ごとにいくつかの財布を使い分けるのも風水的には効果的です。

バッグ

バッグを選ぶときにはできるだけ軽いものがおすすめ。もしバッグで恋愛運をアップさせたいなら、ピンク系、仕事運をアップさせたいならブルー系など、用途によって使い分けることがおすすめです。

手帳・携帯電話

仕事に欠かせない手帳や携帯電話は「ブルー」「グリーン」など、風水で仕事運をアップさせるとされる色がよいでしょう。また、ここ一番のプレゼンなどに効果を発揮したいならシルバー系の色を選ぶのもおすすめです。

持ち物風水による整え方

持ち物風水を利用すると、ちょっとした工夫で運気をアップすることができます。それでは、運気を整えるためにはどんな工夫があるのでしょうか。

靴、カバン

仕事に使う靴やカバンは、普段からしっかりと手入れをしてぴかぴかの状態にしておくのがおすすめ。できれば複数の物を交互に使い、休ませておくのもよいでしょう。

財布の形

財布の形は長財布がよいでしょう。折り畳み財布の場合、お札が曲がってしまうため、金運がダウンしてしまうことも。

スマホ・形態の待ち受け画面

スマホや携帯の待ち受け画面では、金色の画像を選ぶと金運がアップすると言われています。その際には、招き猫や金塊、富士山、コイン、クローバーなど縁起の良い画像を選ぶとよいでしょう。

キーホルダー

風水では光沢のあるものや光るものは財運を呼ぶといわれています。そのため、キーホルダーなどの小物にはメタリックなものやビーズを使ったものを選ぶとよいでしょう。

名刺入れ

名刺入れは革製の上質のものを選びましょう。良い名刺入れは名刺にもよい運気を与えます。もし金運アップを狙う場合には、メタリックなものも効果があります。

ポケットの中

風水では、衣類の風通しをよくすると、良い気が体内に入ると考えます。そのため、ポケットの中にはできるだけ物を入れないほうがよいでしょう。

まとめ

持ち物の色や形、持ち方に注意するだけで運気がアップすると言われる持ち物風水。最近ちょっとついてないと感じる方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

風水について

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ