こうすれば開運!断捨離がもたらす風水効果と捨てたほうがよいもの

こうすれば開運!断捨離がもたらす風水効果と捨てたほうがよいもの

風水は家の方角や部屋の気の流れを改善することで運気のアップを目指す技術です。その基本となるのが、不要なものを断捨離すること。不要なものや古いものを整理することで、より大きな効果を得ることができます。今回は断捨離がもたらす風水効果や捨てたほうがよいものについてご紹介します。

断捨離とは?

「断捨離」という言葉を聞いたことがある人も多いはず。しかし、実際にどのような意味なのかをくわしく知っているという人は少ないのではないでしょうか。そもそも断捨離とはどういう意味なのでしょうか

断捨離の意味

断捨離とも元々はヨガの教えに由来した考え方です。

断捨離は「断行」「捨行」「離行」という三つの言葉の頭文字を取ったもの。

「断行」は不要なものが家に入って来るのを絶つということ。たとえば、不要なものを買わないだけでなく、もしかして使うかもしれないと考えて、他人が要らなくなったものをもらわないことも含まれています。

「捨行」は家にある不用品を捨てるということ。家の中には、もう使わなくなったものや、家にあることを忘れているものもあります。それらの物を捨てるのが「捨行」です。

そして「離行」は、物を手放すだけでなく、物に執着する気持ちを捨てるということです。

執着心を捨てる

断捨離で重要なのが、物への執着心から離れるということです。どのような人でも、物を集めたり、物に囲まれることで安心を得るという経験はあるもの。

また、物を捨てるときには、「もしかして必要になることもあるのではないか」「高いお金を出したのにあまり使っていないからもったいない」と感じることもあるかもしれません。

しかし、実はその気持ちこそが執着心。執着心が生まれると、人間は本来の欲求ではなく、惰性や習慣によって物を集めたり、物に依存したりすることになってしまいます。

しかしそれは本当に欲しいものではないため、ますます自分が欲しい物がなにか分からなくなり、また別の物を求めるようになっていきます。

この気持ちを捨てることが断捨離では重要です。

自分の所有物と向き合うことで自分を知る

断捨離を行うと、自分の所有物と向き合うことになります。自分が所有するものを知るというのは自分自身を知るということ。

持っている物を整理していると「今考えるとなぜこれが欲しいと思ったのか分からない」と感じることも多いはず。

また、「今でもこれは大切だ」と思えるものもあるでしょう。

それらは過去や現在の自分。断捨離を行うことは、自分自身を見つめ合うことと同じ効果があります。

断捨離の効果

断捨離には、物を捨てることでスペースができる、心に余裕が生まれるなど、様々な効果があります。

特に、断捨離を行うと頭や心がすっきりします。

これは執着から解き放たれている証拠。たとえば、普段より安く売られているものを見つけても、断捨離を行っていれば「安いから買わないと損をする」「今は必要ではないけれど後で必要になるかも」と考えることがありません。

というのも、断捨離は過ぎた過去やまだ分からない未来ではなく、「今」に集中できる行為だから。

過去を後悔したり、未来の心配をしたりして頭や心を疲労させることがないため、今現在をしっかり感じることができるようになります。

また、断捨離を行うことは自分を大切にすることと同じ。断捨離を行うと、簡単に物を買ったり、買い物で妥協したりといったことがなくなります。

簡単に手に入るものや、妥協して買ったものはあまり大切に扱われません。これは自分自身を大切にしないのと同じこと。

断捨離を行うことで物を本当に大切にすることは、自分自身を大切にして、自己肯定感を高めることにもつながります。

断捨離による風水効果

断捨離は執着を捨てることで風水と同じ効果が生まれるもの。また、どのようなものを捨てるかによっても得られる効果は異なります。

物の断捨離

風水では、物が多い部屋は気が滞ると考えます。つまり、物が多ければ多いほど運気がダウンするということ。さらに悪くなった気は、さらに悪い気を呼んでしまい悪循環に陥ってしまうことも。

しかし物の断捨離を行うことで、悪い気を発するものを減らすことができます。さらにスペースが生まれることで、気の流れが整えられてよい流れが生まれる効果も。

さらに物への執着がなくなると、無駄なものを買うこともなくなります。そうすると、必然的にお金が溜まり始めるということに。特に風水では、お金はお金のあるところに集まると考えるため、一度お金が溜まり始めるとそれがお金を呼んできてくれるため、さらなる金運アップを期待することができます。

それ以外にも、断捨離をやり遂げると気持ちや行動が前向きになるものですが、これも良い気を呼びこむためには重要。

このように、断捨離は風水的にも良いサイクルを生み出すきっかけになります。

人間関係の断捨離

断捨離で行わなければならないのは、物の整理だけではありません。人間関係の整理を行うのも、断捨離には必要。

人間関係の断捨離を行うと、不要なストレスを軽減できるだけでなく、今の自分に必要な新しい人間関係を築くことにもつながります。

風水でみたすぐに捨てるべきもの

風水でも古いものを捨てることは基本ですが、その中でも特にすぐに捨てたほうがよいものがあります。

古い下着

下着は肌に直接触れるため、風水では非常に重要。というのも、肌に触れる布が持つ気は身体につきやすく、もし古いものを着用していると、その悪い気が影響してしまいます。

もし古い下着を使い続けているなら、すぐに新しいものと取り換えましょう。

履き古した靴

靴は生活には欠かせないものですが、履き古して傷んでいるものや、かかとがすり減ったものを使っていると金運がダウンしてしまいます。

傷んでしまったものや、ずっと靴箱に入ったままの古い靴は新しくしましょう。もし大切にしている靴の場合には、丁寧にケアしたり修理するのも効果的です。

時代遅れの服

タンスのこやしになりやすいものと言えば、時代遅れの服。もし高価な服の場合、「もったいない」「ダイエットに成功したら着られる」などと考えがちですが、これらの服をため込んでいると気の流れが悪くなってしまいます。

高価なものや大きなものであればあるほど、捨てたときに気の巡りを改善する効果は高くなるため、厄払いだと思って思い切って捨ててしまうのがよいでしょう。

不要な紙類・書籍

不要な雑誌や書籍、書類といった紙類を残しておくと、行動力や仕事運が低下してしまいます。いらない紙類はできるだけ処分する、一定期間は残しておいて使わなかったら捨てるなど、一定のルールを決めて捨ててしまうのがよいでしょう。

使い古したマット類

風水では金運は足元から入って来るとされています。そのため、マットを使い続けていると、様々な形で金運が低下します。

たとえば、トイレのマットが古い場合、体調を壊して医療費がかかる、キッチンのマットが古い場合、家計の無駄遣いが増えるといった形で出ていくお金が増えてしまうため、ある程度使ったマットは思い切って新しくするのがよいでしょう。

まとめ

物を捨てるのは難しいものですが、部屋が片付くと気分もすっきりして、新しいことを始めようという気持ちになるもの。もしも部屋にため込んでいるものがある場合、思い切って断捨離してみるのはいかがでしょうか。

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

風水について

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ