おとめ座の水星はチェックする

おとめ座 風水

知性とコミュニケーションの天体である水星は、太陽から最大28度しか離れません。

そのため、おとめ座に水星を持っているのは、同じおとめ座生まれの人と、おとめ座の前のしし座生まれの人、そしておとめ座の後のてんびん座生まれの人だけです。

1.基本性格

おとめ座の支配星は水星です。水星は他にもふたご座の支配星でもあるのですが、水星にとってはおとめ座もまたホームグラウンドと言っていい星座なのです。そのため、水星がもっとも活発に働く状態と言えます。

12星座の中で6番目に位置するおとめ座は、とにかく楽しく楽天的に生きてきたしし座までの自分を振り返り反省する星座です。それは例えば、家庭と学校しか知らなかった子どもが社会に出たとたん、社会の厳しさを身に沁みて感じてしまい、このままではいけないと考え始めた状態と言えます。

おとめ座の水星は、その能力をフルに使ってあらゆる情報を集めようとします。また、おとめ座でもっとも活発に働く水星には、そうやって過剰なまでに集めてしまった情報をしっかり処理できるだけの能力があります。そのため、他の星座の人たちから見ると、やたらと細かすぎるという印象を与えてしまいがちになるのです。

地のエレメンツであるおとめ座の水星は、集めた情報を処理してそこから得られる正しさにこだわります。けれど、女性星座の流動タイプでもあるので、それを声高に主張することを好みません。自分自身の誤りを正せる柔軟性はありますが、どこかで割り切れない部分を残してしまいがちなのもまた、おとめ座の水星の特徴と言えるでしょう。

2.コミュニケーション

一見して控えめな印象を周囲に与えるのが、おとめ座の水星です。けれど、話し始めるとすばらしく頭の回転が速いことがすぐにわかります。それでいて、自ら声高に主張することを好まないため、必然的にアドバイザー的な位置に立ちやすいのです。

おとめ座の水星が持つ正確さを求める部分ばかりが強調されてしまうと、やたらなんにでもいちゃもんをつけてくる人、という感じになってきます。特に水星に対して天王星などが90度の位置関係にあったりすると、その傾向が強まるでしょう。

それでも常に情報を集め、集めた情報を正確に処理できるおとめ座の水星は、集団の中では特に有能の働くものです。冷静に物事を判断し、いわば的確なツッコミを常に入れてくれる人という感じでしょうか。

それでいて、言いっぱなしができないのがおとめ座の水星です。もともとが主張の得意ではない状態の水星ですので、自分が言ったことに相手がどう反応するかをかなり気にします。周りには気を遣い過ぎて、自分で神経を傷めてしまう場合もあります。

また、細かい作業が得意で手先が器用な人が多いのも特徴です。おとめ座の水星は、しゃべらせれば実に理路整然と正しいことをしゃべれるけれど、どちらかと言えば1人で黙々と作業している方が好きなのです。周囲の人たちも、おとめ座の水星には1人になる時間を確保させてあげるようにした方がいいでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る