靴を長持ちさせるために気を付けておきたいポイント

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

皆さん、靴のお手入れはしていますか?

私はお気に入りの靴を買うと、ついついその靴ばかり履いてしまい、すぐだめにしてしまいます・・・涙

革靴やスニーカーやハイヒールなど、それぞれ靴に合ったお手入れの仕方や気を付けるポイントがあります!上手に履いて、お気に入りの靴を長持ちさせましょう!

 

どうしてすぐに靴がだめになるのか?

靴が傷んでしまう原因は様々ですが、一番の原因は「水」です。雨が降った日、靴をそのままにしていませんか?濡れた靴はきちんと手入れしないとすぐに傷んでしまいます。

水気をふき取り、乾かすようにして下さい。その際、中敷きは取り外しましょう。中敷きの下は湿気がこもりやすく、靴が傷む原因になるだけでなく雑菌が繁殖して臭いや水虫の原因になることもあります。

また、雨の日以外でも一日履いた靴は汗で湿気を含んでいます。足の裏は最も汗をかきやすい部分の一つです。ある程度使用した靴は中敷きを新しいものに取り換えるのも◎

そのままにしておくと、ぷ~んと嫌なにおいが・・・なんてことにもなってしまいます。毎日のメンテナンスに気を付けましょう。

靴を長持ちさせるためには

湿気は靴の大敵!ということを前述しました。では、靴を長持ちさせるために実際にどんなところに気を付け、どんなことをすればいいのでしょうか?

●シューキーパーを使う

革靴などのしっかりした靴の場合はシューキーパーを活用しましょう。

木製のものを使うと、木が湿気を吸い取ってくれます。プラスチック製であれば100均などでも売っているので手軽に購入できます。いずれも場合にも、履いた後は風通しの良い場所で一晩湿気を取ってからしまうようにしてください。

●ワックスで油分チャージ!

こちらも革製の靴の場合ですが、しっかり乾かしたらワックスを塗り油分を補いましょう。ワックスは雨から靴を守る役割もありますので、めんどくさがらずにしっかり手入れをしてくださいね★

 

●毎日履かない

お気に入りの靴、毎日でも履きたいですよね!私もついつい毎日履いてしまいます。

しかし、毎日履いてしまうことも靴が傷む大きな原因の一つです。使いすぎると摩耗してしまいますので、靴にもお休みを作ってあげましょう。

1日履いたらそのあと2日は休ませるということを徹底してください。靴の持ちがぐんとUPしますよ!

●ハイヒールはつま先から!

ハイヒールは足が長くキレイに見えるので愛用している女性も多いと思います。でも、気を付けないとすぐに踵のゴムが取れて嫌な音が。更に、取れたゴムをそのままにしているとヒール部分が削れて、修復不可能になることも!

ハイヒールを履いた時はつま先から歩くようにするとヒール部分の負担が軽くなり長持ちします。また、ゴムが取れてしまったときは使用を止め、すぐに修理するようにしましょう。ハイヒールなら1足1000円~1500円ほどで、5分くらいで簡単に修理できます。

最後に

靴を長持ちさせるポイントは、とにかく湿気を取り休ませることです。靴箱にも除湿剤などを入れておくと更に効果大◎

靴を長持ちさせるは湿気が大敵!毎日きちんと手入れをしましょう★

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る