靴と小物使いは最重要!トータルコーディネートのキーポイント

靴と小物

ファッションアドバイスは今日で最終回です。最終回の今日は靴と小物使いについてお話します。

この二つ。全体を占める割合はごくわずかですが、ファッションの重要ポイントです。どんなにかっこよく、可愛く洋服を着こなしていても、靴やバッグなどのチョイスを間違えたら、せっかくのスタイリングも台無しになります。

大切なポイントを押さえて、トータルコーディネートにチャレンジしましょう。

 

足長効果と華やかさをプラス

靴小柄の人は足も小さくて靴選びが大変という方も多いはず。サイズはあっても足幅が大きかったり足に厚みがなくて靴がパカパカ脱げてしまうなど、悩みは尽きません。そんな方におすすめの靴のタイプをご紹介します。

まずはヒールの靴から。一番履きやすい靴はストラップシューズだと思います。ストラップが靴が脱げるのを防止してくれます。ただ、ストラップシューズは好みがはっきり分かれる上、合う洋服も限られてきます。そんな時は通常のパンプスで甲を覆うものを選ぶといいでしょう。甲を覆うものだったら、比較的靴が脱げにくくなります。あとはインソールで調節するのも手だと思います。ウエッジヒールもいいですね。ヒール部分が分断されていないため、タイツと色味を合わせれば靴と足の一体感が生まれ足が長く見えます。ヒールでの底上げ感もあまり感じません。

次にブーツ。ブーツもヒール靴を選ぶことをお勧めします。フラットシューズだと背の低さが強調され、また足も短く見えてしまいます。ボトムス、タイツ、ブーツを同系色でまとめると足長効果絶大です。

最後にフラットシューズ。丸みのあるバレエシューズは小柄女子の必須アイテムですよね。でも、下手をすると重心が下に下がってしまい足が短く見えることも。そんな時は甲浅デザインを選ぶといいでしょう。スニーカーは背の小ささが目立ってしまいますが、靴の中にヒールアップのインソールを入れると、目立たず身長を高く見せることができますよ。

 

小物

トータルコーディネート最後に小物使いのお話を。

一番よく使えるのがベルトです。ボリュームのあるワンピースや身幅が広く丈が長めのチュニックやニットはトップとボトムにメリハリをつけるにベルトが使えます。Xラインを強調するとウエストの細さを強調できてスタイル抜群に。

あとはスカーフやストールなどの巻物系。首元に巻けば顔に華やかさが出ます。モノトーンのコーディネートの差し色としても使えます。また、ストールの巻き方に変化をつけたり、季節によって素材の種類を変えたりすれば知的な雰囲気やフェミニンな雰囲気など、様々な印象を生み出すこともできます。

 

いかがでしたか?5日間にわたって小柄な人向けのファッションアドバイスを書いてみましたが参考になったでしょうか?

「私は小さいから」と内気にならず、どんどん興味のあるファッションにチャレンジしてみてください。服が変われば性格も変わり、目の前の世界がぱっと開けてきますよ!

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る