色を見方に!脚を細く見せる色

ズボンと色

突然ですが、皆さん、何色が好きですか??

そしてその色の服を着ますか??

でもね…知らないうちにあなたは着太りしてるかもしれません!!

というのも色によってスタイルアップが狙えるんです!!逆に言えば色によってスタイルダウンしてしまっている可能性も…いやぁ!!

色の性質さえ覚えればあなたも着やせで美脚美人?!

<収縮色と膨張色>

色にはさまざまな性質がありますが、今回注目したい性質は「収縮色」「膨張色」というもの。

その名のとおり、

「収縮色」:本来よりも小さく狭く細く見える色

「膨張色」:本来よりも大きく広く太く見える色

ということになります。

つまり収縮色を使った服などを着るべきなんです。

最初に私が言った問いかけ覚えてますか??

あなたが好きな色だから…と着ている服が膨張色の場合、

知らない間に着太りしているかもしれないのです!!

色対比   カラー

このAとBの画像を比べてみてください。

Aは膨張色の黄色、Bは収縮色の青色です。

この画像を見ると、Aの方がBよりも大きく見えませんか??

これが実際に見る色の違いです。

人間の目の錯覚による現象とはいえ無視できるものではありませんね!

膨張色になりえるのは基本的に暖色で、その中でも色が比較的薄めのオレンジや黄色、ピンクなど。

さらに色味を含まないモノトーン色でいうと白色がそれにあたります。

逆に収縮色は寒色で、その中でも比較的色が濃い目の紺色や紫など。

モノトーン色では黒色がそれにあたります。

「じゃあ服は全部収縮色でそろえるべきね!」

確かにそうなんですが、全身黒や紺色などでは暗すぎやしませんか??

葬式みたいじゃないですか。

せっかく服で着やせをするならおしゃれにしたいですよね!

「ならどうしたらいいのよ!!」

…すみません。(泣)

もちろん服の形などの組み合わせも重要ですが

ここではあえて色の話のみをさせていただくと、

1番気になる身体の部分に、収縮色をいれ、

他は膨張色でメリハリをつけるとより効果的と思われます。

例えば、下半身が気になるという方にはこんなコーデがおすすめ。

ガウチョパンツ 黒 ファッション

下半身にガウチョパンツの黒を持ってきているので、

ヒップから太もも、ふくらはぎなど気になる下半身はすべてカバーできると考えられます。

しかし重くなりすぎてしまうので

上にぴったり過ぎない白のTシャツを持ってくることによって

重くなりすぎるのを防いでいます。

色のコントラストでさまざまな効果を得られます。

色のことをたくさん知っておくことで、自分の味方につけて、

おしゃれな着やせしていこう!!!

 

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る