自分を美しく見せる!トップス選びのポイント

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

今日はトップスのお話をします。

ボトムスとのバランスもあるので一概に「こんな形、こんな素材が似合います」とは言い切れません。

なので、トップスを選ぶ時のポイントをお話ししようと思います。

シルエットを美しく!

シャツは大柄の人が着ると、パリッと印象を与えかっこいいですよね。反対に小柄さんにとっては敬遠してしまいますよね。でもシャツもポイントさえ押さえてしまえば小柄さんもかっこよく着こなせますよ。

まずサイズ。これはどの服を選ぶにも言えることですが、シャツ選びでは最重要です。小柄さんがシャツを上手に着こなすにはジャストサイズのものを選ぶのがベスト。大きめのものをゆったりと着たいと思う人もいるかもしれませんが、小柄さんがこの着方をしてしまうと野暮ったく見え、ルーズな印象を与えてしまいます。できるだけジャストサイズを選びましょう。

次に襟。これはその人によって好みがわかれると思います。痩せているのを隠したい人は、少し大きめの襟で首元、デコルテ部分をカバーできます。ただあまり大きすぎるとアンバランスになってしまうので、顔や体とのバランスを考えましょう。基本的には小さめの襟の方が似合います。

そして最後に袖。七分や五分丈よりも長袖のものを折り返して着ましょう。手首を見せることには変わりはありませんが、七分や五分丈だと袖口が大きく開いてしまい貧相に見えてしまいます。それなら、長袖を折り返して着たほうがキリっと見えますよ。

パリッとした印象のシャツと違いブラウスはふんわりとフェミニンな雰囲気のものを選ぶといいでしょう。

襟もとは広めに開いているもの、袖口も少々開きが大きくても大丈夫。

ニット

正直な話、小柄の人はどんなニットも似合います。あとはその人が元々持っている雰囲気によると思います。

よく「小柄の人はタートルネックよりVネックが似合う」と言います。確かに鎖骨が見えてデコルテラインが美しく見えますが、痩せすぎている人にとってはタートルネックで痩せていることを隠したい、隠した方がスタイル良く見えるということもよくあります。ニットに関しては、自分の体型が最も美しく見えるものを選ぶのが良いと思います。

ただし、ボリュームニットでロング丈はお勧めできません。野暮ったく見えてしまいます。

トップスと一言でいっても種類がたくさんあってここでは紹介しきれません。

でも全てにおいていえることは「自分が美しく見えるものを選ぶ」ということ。顔の作りも体型も人それぞれです。トップスは顔に一番近い服なので、顔の作りが派手だから、と思う人は少しシンプルなものを。反対に地味目な顔だなぁと思う人は襟元にビジューが付いているものを選ぶと華やかになります。自分の顔やデコルテ部分と相談しながら最良のトップスを見つけてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ