本当はどんな仕事?気になるスタイリストの仕事内容とは

本当はどんな仕事?気になるスタイリストの仕事内容とは

テレビや雑誌などで衣装をコーディネートするスタイリスト。ファッションに興味がある人にとって、なりたい職業です。しかし、おしゃれで華やかというイメージはあるものの、実際の仕事や休日などについてはなかなか想像ができません。今回はスタイリストの仕事内容や、一日の仕事の流れ、休日など具体的な点についてご紹介します。

スタイリストの仕事内容

スタイリストの仕事といえば、タレントやモデルの衣装を選ぶこと。もちろんそれも重要な仕事ですが、スタイリストにはそれ以外にも様々な仕事があります。

依頼を受けて打ち合わせ

スタイリストの仕事は、クライアントから仕事の依頼を受けるところから始まります。クライアントは、タレントやモデルから、雑誌を発行する出版社、テレビ番組を作るテレビ局や制作会社、広告制作を行う代理店など様々。一般の企業から社員やメディアに出演する幹部、社長などのスタイリングをお願いしたいという依頼もあります。スタイリストは仕事の依頼を受けると打ち合わせを行い、それら依頼内容を把握して、クライアントがどのようなイメージを持っているのか、どのようなイメージを伝えたいのかといった内容の聞き取りを行います。ときには、スタイリスト自身がイメージを発信し、クライアントに対して提案を行うこともあります。

衣装をコーディネートする

どのような衣装が必要かということが決まれば、次にスタイリストは衣装のコーディネートに入ります。その際、スタイリストは衣装の協力をしてくれるアパレルメーカーに交渉し、衣装や小物などを借りに行きます。ときにはイメージ通りのものが見つかるまで、いくつものアパレルを回ったり、古着ショップなどで衣装や小物を探したりといったことも珍しくありません。それでも見つからないという場合には、スタイリスト自身が小物を制作したり、スタイリストの私物を使用したりといったこともあります。

それらの集めた衣装などでコーディネート決め、クライアントのOKが出たら撮影に入ります。

撮影現場では、スタイリストは借りた衣装が汚れないように保護したり、衣装にシワやよれができた場合にはそこを直したりといった作業も行います。

衣装をメーカーに返却

撮影が終了してチェックが終われば、現場の後片付けを行います。メディアや媒体によっては、撮影が数日間にわたることもあり、その間の衣装の保管や衣装のメンテナンスといった仕事もスタイリストの役割です。撮影終了後は、リースした衣装がきちんと元通りの状態になっているか、数は不足していないかなどを確認してアパレルメーカーなどに返却を行います。

一日の仕事の流れ

スタイリストの仕事は、撮影スケジュールが優先になります。そのため、通常の会社やアルバイトのように定時というものは存在しません。スタイリスト事務所に所属するスタイリストの場合や、入って間もないアシスタントの場合、一応は会社の規定によって決められた出社時間も存在しますが、ほとんどの場合、現場に直行、直帰というのが主な働き方になります。

多くの現場では、撮影は早朝からスタートします。スタジオ撮影の場合には、スタジオのレンタル時間が決まっていることが多く、8時から9時前にはスタジオ入りすることが一般的です。

ただし、野外での撮影の場合、日光や天候など自然の環境が大きく影響するため、日の出前や日の入り後に集合といったことも珍しくありません。

多くの現場では、撮影現場に到着すると、撮影に使用する衣装のチェックを行い、撮影順にハンガーラックなどに整理します。

その後、ディレクターやカメラマン、ヘアメイクなどのスタッフと当日の流れやスケジュールを確認します。打ち合わせは事前に行われていますが、急な変更点などがある場合にはその点を確認、間違いがなければモデルが衣装を合わせてヘアメイクを整えて、撮影が開始となります。

撮影は媒体によって長さはまちまちで、夕方に終了することもあれば、真夜中までかかることもあります。途中でセットの変更やメイクや衣装のチェンジなどが行われることもあり、モデルが休憩している時間であってもスタイリストにはやらなければならないことが数多くあります。

撮影が終了したら、スタイリストはリースした衣装を確認します。このとき、もし傷みがあれば、自分でできる部分は補修を行います。また、ディレクターやカメラマンとともに、撮影の抜けがないか、イメージ通りの撮影が行われたかをチェックします。

スタイリストの仕事はここで終了ですが、もし可能ならその日のうちに衣装の返却を行うこともあります。また、仕事の打ち合わせが行われるのは撮影が終わってからということもあり、帰宅できるのは深夜になることも少なくありません。

スタイリストの休日は?

スタイリストの場合、スタイリスト事務所に所属しているか、フリーランスかなどの立場によって異なりますが、勤務時間や休日が決まっていないという点はどちらも変わりません。通常の会社員やアルバイトであれば、9時から6時までなど勤務時間は決まっていますが、スタイリストの場合には常に撮影の時間が最優先となります。

もし撮影が夕方からであれば、その時間に現場に行けばいいという反面、早朝からの場合でも必ずそこに行かなければいけません。

事務所に所属しているスタイリストの場合には、一応の出社時間は決められていますが、前日の撮影や打ち合わせが深夜に及んだり、徹夜をしなければならない場合など、勤務時間にはばらつきがあります。

それは休日についても同じことが言えます。スタイリストはクライアントから仕事を依頼されることで仕事を行いますが、もしフリーランスのスタイリストの場合には、仕事がなければその日は休みとなります。逆に仕事が立て込んでいる場合には連日早朝から深夜まで働く必要があります。もちろん、フリーランスの立場であれば、自分の仕事量や仕事時間をマネージメントすることは可能ですが、まだ新人の頃や独立間もないころは、仕事を選ぶ余裕がないというのも実情です。

事務所に所属しているスタイリストの場合、一応は週休二日と決まっていることがほとんどですが、実際には撮影が週末に行われる場合も多く、そのときには出勤する必要があります。

また、仕事やクライアントによっては、休日でも急な呼び出しや、仕事の連絡がある場合もあります。特に急な内容変更による追加の打ち合わせがある場合など、結局はきちんと休むことができないという可能性もあります。

さらに、スタイリストにとっては最新の流行やファッショントレンドを把握するのも大切な仕事のひとつ。そのため、休日であっても人気のショップや話題のお店に出かけて、常に情報収集を欠かさないという人も少なくありません。特に多忙なスタイリストの場合には、街を歩く人のファッションをチェックできるのは時間に余裕のある休日だけ。人脈作りに重要なファッションブランドのイベントに参加することもあり、たとえスケジュールが空いていたとしても、完全に仕事から離れてオフになるということはほとんどないと言ってもいいでしょう。

まとめ

スタイリストは他の仕事に比べるとかなり多忙。勤務時間や休日も安定せず、精神力、体力共に必要な仕事です。しかし、お洒落が好きな人にとっては他では体験できないやりがいに満ちた仕事です。

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ