憧れの世界 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事

ファッションデザイナーはアパレルメーカー、デザイン事務所、個人ブティック、

服飾ブランドなどで活躍しています。

またファッションデザイナーは、オートクチュール(高級注文服)デザイナーと

企業内デザイナーに分けられます。

オートクチュールデザイナーは、自分のブランドを持ち、

顧客の注文に応じてオリジナルなデザインを創作します。

企業内デザイナーは、繊維メーカーやアパレルメーカーに勤務し、

大量生産できる洋服のデザインに取り組んでいます。

企業内デザイナーの場合、勤務時間や休日は、それぞれの会社の規定によって違います。

ですが新作発表の前やショーを開催する時期が迫ってくると多忙になり、

徹夜をすることも少なくありません。

オートクチュールデザイナーは、不規則な生活になりがちです。

ファッションデザイナーの仕事は服などのデザインだけをするだけでなく、

服の企画、服に使用する素材や色、縫い方なども考慮して、 実際に服を仕上げるところまで関わります。

新しいファッションを制作する時はまず購買層を決めマーケティング・リサーチにより、性別、年齢、

などを加味してどんな服が流行してどんな服が人気になるか調べます。そしてそれに応じた服の

デザインを考えます。

その後デザイン画を書き、縫製の仕方、服の素材選びをして、制作指示書を作成してサンプルをつくります。

その後サンプルの修正をします。その時、コストの交渉、納期の管理などもします。

デザインをするだけでなく、経営上の大切なことも大事な仕事です。

ファッションデザイナーはやはり時代のニーズを先取りする才能が必要で

独創的で個性豊かな実力が必要です。

ファッションもビジネスなのでお客様との関係をうまくやっていける社交性も必要で

社会の中での信用を築くことも必要です。

また他のスタッフとの共同作業なので、リーダーシップや協調性も必要になります。

ファッションデザイナーになりたいなら通信教育や大学などでファッションデザインの

基本的な知識と技術を身に付けたりファッションデザイナーや服飾インストラクターの資格を取得し、

アパレルメーカーへの就職を目指すのが一番でしょう。

また日本デザインプランナー協会のファッションデザイナー認定試験や服飾インストラクターなどの

資格を取得していると就職には有利でしょう。

就職すると平均給与は初任給で16万から18万円ぐらいです。

簡単な世界ではないようですが、ファッションデザイナーに憧れる人は

「好きこそ物の上手なれ」と言われていますので、まずその1歩を踏み出すことが大事です。

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る