ファッションデザイナーを目指すために必要なこと3選

ファッションデザイナーを目指すための3選

現在、ファッションデザイナーという仕事は人気があります。幼い頃から洋服をデザインしたり、そのような絵を描いていた人も多いのではないでしょうか。洋服のデザインというのは、誰にでもできるお仕事ではありません。競争率が高く、とてもハードルの高いお仕事と言えます。そこで、憧れのファッションデザイナーになるためには、どのようなことが必要なのかについてご紹介します。

1. ファッションデザイナーになるための流れ

・「デザインの企画」

ファッションデザイナーのお仕事は、企画をすることからスタートします。デザインをする上で、ターゲットの年齢、性別、状況、目的、などを考慮した上で、洋服のテーマやコンセプトを決めます。

・「デザインの描き出し」

テーマやコンセプトが決まったら、ファッションの流行や市場分析の情報を考慮し洋服に用いる素材やシルエット、カラー、などを選びデザインにつなげていきます。コーディネートをデザインすることで描いていきます。

2. 「パターンメイキング」、「仮縫い作業」

・「パターンメイキング」

デザインが決まったらデザイン画からパターンメイキングを行います。これは、デザイナーではなくてパタンナーが行いますが、ファッションデザイナーが手伝ったり、主導権を持ち作業するケースも存在します。

・「仮縫い作業」

型紙をもとにして、仮縫い作業を行います。服にした時にシルエットをチェックするための大切な工程です。また、シルエットだけでなく襟やボタンなどの装飾、ポケットなど細かいパーツのチェックも行います。この工程にもデザイナーが関わることがあります。

3. 「製造作業」、「最終チェック」

・「製造作業」

型紙が決まり次第、製造作業に入ります。ファッションデザイナーは、素材、縫製、プレスなど細かい指示を仕様書にまとめます。そのようにして、製造工場に指示をします。

・「最終チェック」

工場でのサンプル作成が完了したら、ファッションデザイナーは最終チェックを行います。最終チェックが通ることで、製造工場は本格的な洋服の製造作業を行います。

いかがでしたか?

このような流れがファッションデザイナーの一連の流れになります。

デザイナーは、一連の流れのすべての工程に関わります。そのくらい洋服を作る上で重要な立場であることが分かるはずです。

ファッションデザイナーを目指す上で大切なことは、洋服のデザインを行うだけでなく、すべての工程に関わる人とのチームワークも大切になります。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る