ファッションデザイナーを大きく分類

ファッションデザイナーという仕事は人気が高く、競争率が高いお仕事です。しかし、ファッションデザイナーと言っても、ひとくくりにすることは出来ません。そこで、ファッションデザイナーを分類し紹介します。

1. ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーは、大きく分けると4種類に分類することができます。

・「アパレルブランドの社員として働く企業ファッションデザイナー」

・「アパレルブランドや企業に所属しないフリーファッションデザイナー」

・「自分のブランドを持つカリスマファッションデザイナー」

・「モデルやタレントがアパレルブランドとタイアップして設立するブランドデザイナー」

2. ファッションデザイナーの説明

・「アパレルブランドやデザイン会社の社員として働く企業ファッションデザイナー」

これは、1番一般的なパターンと言えます。日本にあるアパレルブランドやデザイン会社に就職するパターンです。これは、就職活動を行い就職するという流れになります。その中には、パリやミラノの学校に行きデザインの本場で就職する人も存在します。ほとんどは、企業デザイナーになります。

・「アパレルブランドや企業に所属しないフリーデザイナー」

デザイナーとして実力が認められるとフリーで仕事をすることができます。アパレル企業やデザイン会社からフリーで個人事務所を作るのが例になります。実力があればあるほど、様々なアパレルブランドから声がかけられます。

・「自分のブランドを持つカリスマデザイナー」

独自のファッションブランドを作る場合がこのパターンになります。売れるのは、ほんとに極わずかです。

・「モデルやタレントがアパレルブランドとタイアップして設立するブランドデザイナー」

モデル業やタレント業をして、ある程度名前が売れると雑誌やアパレルブランドの企画から独自ブランドを作ることがあります。このような場合は、トーラルプロデュースかデザインすることが多いです。

3. ファッションデザイナーの年収は?

20代で企業に所属しているだっションデザイナーは、年収300〜400万円くらいです。簡単になれるわけではなく、ファッションデザイナーになってからも非常に大変なお仕事です。大手のメーカーに所属するファッションデザイナーの平均年収は、450〜750万円です。所属していない場合は、ピンキリです。しかし、フリーのファッションデザイナーでもらっている人は数千万円もらっている人も存在します。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ