スタイリストになるには?勉強することとは?

スタイリストになるには?勉強することとは?

ファッション業界の中でも特におしゃれなイメージがあるスタイリスト。とても華やかな仕事として、あこがれを持っている方も多いかもしれません。では、そんなスタイリストになるためにはどうすればいいのでしょうか。またどんなことを勉強しておけばよいのでしょうか。今回はスタイリストになる方法や、勉強しておくべきことについてご紹介します。

スタイリストとは?

名前はよく聞くものの、実際にスタイリストがどんな仕事をしているかというとなかなかわかりにくいものです。

では、そもそもスタイリストとはどのような仕事なのでしょうか。

俳優や女優、モデルをコーディネートする

スタイリストの仕事の中でも代表的なのが、俳優や女優、モデルの衣装や小物をコーディネートすることです。

俳優や女優の場合、お仕事や役によって衣装が変わるのは当然のこと。その場合、それぞれのお仕事や役のイメージに応じた衣装を選ぶのがスタイリストの仕事です。

その場合、タレントやモデルの専属のスタイリストになるケースだけでなく、テレビ番組に出演するタレントすべてのスタイリングを行う場合や、ドラマや映画をトータルでスタイリングするなど、様々な働き方があります。

雑誌や広告など、企業の指示に合わせてスタイリングする

映像作品に次いでスタイリストが活躍する機会が多いのが雑誌の仕事です。雑誌のスタイリストの場合、スタイリストが雑誌のカラーや読者層に合わせてスタイリングを行います。

また、雑誌のスタイリストでは出版社や編集者が求めるスタイルやコーディネートを提案するという場合も少なくありません。さらにスタイリストは企業の広告のスタイリングを行うこともあります。広告の場合、広告代理店や企業の担当者と打ち合わせを行い、その指示に合わせたスタイリングが求められます。

スタイリストへの道

ファッションが好きな人の憧れであるスタイリスト。スタイリストになりたいという場合、どのような道があるのでしょうか。

服飾系の専門、短大、大学に入学する

スタイリストになるための王道と言えるのが、服飾系の専門学校や短大、大学に入学するというコースです。これらの学校では、服のデザインやスタイリングだけでなく、素材や加工といった専門的な知識を身につけることができます。

特に短大や大学の場合にはスタイリスト学科などが設けられている学校も多く、スタイリストになりたいという人の人気を集めています。

スタイリスト事務所に所属する

スタイリストになりたいという場合、スタイリスト事務所に所属するという方法があります。もちろん未経験で入社していきなりスタイリストになることはできないため、最初はアシスタントからのスタートになりますが、スタイリスト事務所に所属する場合には実践で知識や経験を身につけられるというのが大きなメリット。

ただし、スタイリスト事務所の場合、大手企業とは異なり求人広告を出しているところは少ないため、事務所のホームページや雑誌などをしっかりチェックして、自分で募集を探す必要があります。

フリースタイリストになる

スタイリストの中には、事務所に所属している人だけでなく、フリーで活動しているという人も少なくありません。

もしスタイリストになりたいという場合、すでにフリーで活動しているスタイリストのアシスタントになるという方法もあります。

フリーのスタイリストのアシスタントになる場合、より実践的な知識と経験だけでなく、将来に向けての人脈作りや仕事の方法を学べるのが大きなメリット。経験を積んで、そのままフリーのスタイリストとして独立できるといった可能性も生まれる方法です。

ただし、フリーのスタイリストの場合は求人などを出すことはないため、アシスタントを募集する場合には個人のホームぺージやブログをチェックする、できるだけコネを探すといった特別な方法が必要になります。また、アシスタントの場合にはほとんどお給料がもらえないというケースも少なくありません。

アパレルブランドに就職する

もし安定した収入を得ながらスタイリストになりたいという場合、おすすめなのがアパレルブランドに就職するという方法です

アパレルブランドの中には、社内でスタイリストを抱えているところも多く、そういった会社に就職すれば、安定した収入を得ながらスタイリストとして経験を積むことができます。

ただし、スタイリストを志望して入社した場合でも別の部署に回されることもあるため、スタイリストになるためには時間がかかることも考えられます。

スタイリストになるために勉強すべきこと

もしも真剣にスタイリストを目指したいという場合、どのようなことを勉強しておくべきなのでしょうか。

表現力・コーディネート力・テクニック

スタイリストはファッションを通じてメッセージを伝える仕事。そのため、どんなスタイリングをしたいのか、どうすればそれができるのかといった表現力やコーディネート力が求められます。

もちろん、実際のスタイリングについてのテクニックを身につける必要もあります。

ニーズに合わせたコーディネート

スタイリストは自分が好きな衣装だけを着せればいいという仕事ではありません。仕事によっては、企業や雑誌、広告代理店などから様々なスタイリングを求められることもあります。

それら相手のニーズに合わせてコーディネートできるかどうかも、スタイリストの重要な能力となります。

ファッションビジネスの成り立ち

スタイリストはファッションのスペシャリスト。そのため、ファッションの基礎だけでなく、ファッションビジネスや仕組み、歴史といった知識と技術を身につける必要もあります。

これらの知識を身につけることは、スタイリストにとって必須と言えるでしょう。

スタイリストになるために必要な能力

スタイリストといえば、ファッションセンスが必要だと思われがちですが、それ以外にも様々な能力が必要になります。

体力・精神力

スタイリストというとおしゃれな仕事というイメージですが、実は重い荷物を持ち歩かなければいけない体力仕事。さらに生活は不規則で、撮影が長時間にわたることもあります。そんなとき必要なのは、体力と精神力。どのような状況でも笑顔で明るく行動できることもスタイリストに求められる能力のひとつです。

コミュニケーション能力

スタイリストはモデルやタレントだけでなく、様々な人と関わる仕事です。

そんなときに必要なのが、相手のことを考えるコミュニケーション能力や気配り。

どうすれば相手が気持ちよく仕事ができるのかを常に考えて、自分の仕事ではなくても率先して動くこともスタイリストにとっては重要です。

人脈

スタイリストにとって、重要なのが人脈です。特にフリーとして独立した後は、人脈がなければ仕事が来ないといっても過言ではありません。

スタイリングのセンスだけで仕事ができる人はほんの一握り。もしスタイリストとして働きたいという場合、常に仕事につながる人脈作りを心がける必要があります。

まとめ

スタイリストになるのは非常に難しく、さらに精神的にも肉体的にもハードですが、非常にやりがいのある仕事です。しかし、そのためには常に勉強が必要。スタイリストになりたいという方は、まずはスタイリストに必要な勉強からスタートしてみてはいかがでしょうか。

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ