どんな人ならなれる?スタイリストに向いている人とは

どんな人ならなれる?スタイリストに向いている人とは

雑誌やテレビに登場する芸能人やタレント、モデルなどの衣装をコーディネートするスタイリストはファッション好きな人にとってはあこがれの職業。一度はスタイリストとして働いてみたいという人も少なくないことでしょう。それでは、スタイリストにはどのような人が向いているのでしょうか。今回はスタイリストに向いている人の特徴について紹介します。

スタイリストに向いている人

スタイリストになるために、まず必要なのはファッションのセンスです。そのため、「自分にはファッションのセンスがあまりないから向いていないかもしれない」と考えている人も多いはず。しかし、実はスタイリストになるためには、ファッションのセンスは必要な条件のひとつにすぎません。それよりも大切なのは、ファッションが好きということ。

スタイリストは、自分の好みではなく、相手が似合う服や、相手を素敵に見える服を選ぶことが必要。同時にスタイリストとして働く上では、クライアントの選り好みをすることもできません。

そのため、あまりにもファッションに強いこだわりがありすぎる人には不向きな仕事です。

また、自分の考えを伝えるためのコミュニケーション能力も必須です。というのも、スタイリストが担当する相手の周囲には様々な人がいます。芸能人やタレント、モデルはもちろん、そのマネージャー、広告代理店やマスメディアの社員、カメラマンなど様々な人と仕事をすることになります。そういった人々とコミュニケーションを取りながら、時には自分の意見をわかりやすく、はっきり伝える必要もあります。

さらに自分が自信を持って勧めたファッションでも相手が気に入ってくれる場合ばかりとは限りません。そんなときにも、自分がなぜそのファッションを勧めたのかを分かりやすく説明することが大切です。しかし、だからといって自分の意見を押し付けるだけでなく、相手の意見を取り入れる柔軟性も求められます。

それだけでなく、仕事の現場によって様々なファッションに対応する必要もあります。雑誌の仕事であれば、その雑誌の購買層はどの年代か、どのようなファッションを好むのかといった基本的な情報と、実際にファッションを身につけるモデルに似合うものを組み合わせて、最適なコーディネートを提案するのもスタイリストの重要な仕事です。

スタイリストに必要な要素

スタイリストになるためには適性も重要ですが、それ以前に「スタイリストになりたい」「この仕事を続けていきたい」という強いメンタルも必要になります。

ほとんどのスタイリストは、スタイリスト事務所に入社したり、フリーのスタイリストに付いたりと、アシスタントとしての仕事からスタートします。この期間は人によって異なりますが、あくまでも勉強と修業の期間。報酬も決して多いものではありません。それに加えて、スタイリストのアシスタントの仕事はほとんどが雑用です。華やかなイメージと期待を抱いてこの世界に入った人の多くは、この段階で理想と現実のギャップに驚いて辞めてしまう人も少なくありません。

さらに、スタイリストの雑用は非常にハード。服や小物、靴といった重い荷物を持って現場を回ったり、先輩よりも早く現場入りして準備を整えたりしなければなりません。もちろん、一般的な企業のように休憩時間があるわけではありません。それどころか、現場によっては撮影が予定を大幅にオーバーして夜中までかかってしまうということも珍しくありません。アシスタントはその間ずっと立ちっぱなし。もし急に必要なものが合った場合には、できるだけ急いでそれを調達してくる必要があります。もちろん睡眠時間も非常に短く、そういった環境で働き続けることができる体力も必要になります。実際に、スタイリストの中には過酷な仕事が原因で身体を壊して、スタイリストの道をあきらめるという人も少なくありません。

スタイリストに求められるのは、精神的な強さや体力だけではありません。特にスタイリストにとって、重要になるのが周囲への気配り。スタイリストは服を選ぶだけが仕事ではありません。一緒に仕事をする人への気遣いを欠かさず、「また一緒に仕事がしたい」「あの人と一緒にいると仕事がしやすい」と思ってもらえることが必要です。どれだけ精神的・肉体的に大変なことが続いても、そういった周囲への気配りを忘れないこともスタイリストに求められる条件と言えるでしょう。

スタイリストに必要な資格はある?

それでは、スタイリストになるために必要な資格などはあるのでしょうか。実はスタイリストになるためには、資格は必要ありません。医師や弁護士、看護師、教師などの場合、国家試験を受験して合格すれば資格が与えられますが、スタイリストになるためには、資格ではなく、現場での経験や知識などが必要です。

しかし、スタイリストになるためには資格は必要ないとはいっても、仕事をする上で役立つ資格は少なくありません。

スタイリストとして働くためには、ファッションに関する色彩感覚は非常に重要ですが、これら「色」に関する資格には「色彩検定」「色彩技能パーソナルカラー検定」「カラーコーディネーター検定試験」「ファッション色彩能力検定」などがあります。「色彩検定」は色についての基本的な知識や技能を身につけるもの。「色彩技能パーソナルカラー検定」は似合う色や目的別の色彩効果に関する試験です。「カラーコーディネーター検定試験」は色の特徴などを身につけるもので、色の効果を知ることができます。「ファッション色彩能力検定」は、色彩理論やファッション業界での色彩計画などを身につけるものなど、色についてだけでもこれだけの資格検定があります。もちろん、すべての検定を受験する必要はありませんが、この中のひとつでもしっかり学んでおくと、スタイリストとして働く上での色選びについて、非常に役立つことでしょう。

さらにファッション業界での検定試験には「ファッションビジネス能力検定」があります。これはファッションビジネスにおいて重要なマーケティングや流通戦略、マネージメントなど、ファッション業界についての広い知識を身につけることができる検定試験です。スタイリストとして働くためには、ファッション業界の仕組みを知っておくことも非常に重要なので、資格を取得しておくとスタイリストとして役立つ知識も身につけることができます。

また、スタイリストの中には「パターンメイキング能力検定試験」を受験する人もいます。この資格は、もともとはパタンナーの技術レベルを計るための検定試験ですが、ファッション造形の知識や技術などを問われる問題が出題されるため、服についての基礎的な知識を学ぶことができるため、自分で洋服をデザインしたり、リメイクしたりといったタイプのスタイリストを目指す場合、身につけておいても損のない資格と言えるでしょう。

もし社会人としての基本的な礼儀作法に不安があるなら「マナー検定」もおすすめの資格。マナー検定は社会人として必要なマナーの知識や日常の礼儀作法などを学ぶものですが、多くの人と接する機会の多いスタイリストという仕事には、非常に役立つ部分の多い資格です。

まとめ

スタイリストには様々な能力が求められますが、何より大事なのは「スタイリストになりたい!」という強い気持ちです。もしスタイリストに興味があるという方は、この機会に本気でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ