どう違うの?ヘアメイクとスタイリストの関係とヘアスタイリストについて

どう違うの?ヘアメイクとスタイリストの関係とヘアスタイリストについて

ファッションには様々な仕事がありますが、スタイリストと密接な関係があるのがヘアメイクです。さらにヘアに関した仕事としては「ヘアスタイリスト」などもあり、なかなか区別が難しいところ。今回はヘアメイクとスタイリストの関係や、ヘアスタイリストの仕事についてご紹介します。

ヘアメイクとスタイリストの関係

ヘアメイクとスタイリストというと、同じようにファッションの現場に関わる仕事です。では、両者の間にはどのような関係があるのでしょうか。

ニーズに合わせて協力して仕事をする

ヘアメイクとスタイリストは、どちらもクライアントのニーズや、必要とされているイメージをファッションを通じて表現する仕事です。

そのため、活動の場所はテレビやCM、雑誌の撮影など共通することも多いものです。

というのも、ファッションには服装や小物、髪型などすべてが重要になるもので、ヘアメイクだけ、スタイリストだけなど片方だけということはむしろ少なく、現場ではヘアメイクもスタイリストも必要とされています。

言い換えれば、ヘアメイクとスタイリストは協力して仕事を行う関係といえるでしょう。

ヘアメイクとスタイリストの違い

では、ヘアメイクとスタイリストにはどのような違いがあるのでしょうか。

もっとも大きな違いは、ヘアメイクが髪とメイクを扱うのに対して、スタイリストは服やアクセサリーなどを扱うということ。

また、ヘアメイクとスタイリストはクライアントのイメージを実現して、それぞれのアイデアを提案することもあります。

媒体などによっては、「この服に合わせたメイクと髪型を」「このメイクと髪型に合わせた服を」といった依頼が行われることもあります。

ヘアスタイリストとは?

最近耳にすることが多いのが「ヘアスタイリスト」という職業です。では、ヘアスタイリストとはどのような仕事のことなのでしょうか。

顧客のニーズに合わせてヘアをスタイリングする

「ヘアスタイリスト」とは、顧客のニーズに合わせてヘアのスタイリングを行う仕事です。もっともわかりやすいのが美容師。美容師は顧客のニーズや要望、髪質に合わせてカットやカラー、シャンプーやトリートメントなどを行います。

また、成人式やブライダルでは着付けやメイクなどを施すこともあります。

さらにヘアスタイリストの中には、一般の顧客だけでなく企業や女優、モデルなどを顧客としている人たちも少なくありません。

しかし、一般向けであっても、法人、女優・モデルであっても、顧客のニーズにこたえてヘアメイクを行うという点では変わりありません。

雑誌・広告などのメディアの場で活躍

ヘアスタイリストは一般的なヘアサロンはもちろん、雑誌や広告、テレビといったメディアで活躍することもあります。

また、メディアの場で活躍しているヘアスタイリストのことは、一般的なヘアスタイリストと区別して「ヘアメイクアップアーティスト」などと呼ばれることもあります。

どちらにしても、ヘアスタイリストは髪の毛に関するスペシャリストで、カットやスタイリングのスキルはもちろん、カラーリングの薬剤に対する知識や、トレンドに対する感性などを求められる仕事です。

似てるようで違うヘア関係の仕事内容

ヘア関係の仕事には様々な呼び名があり、混乱してしまうこともあります。ここで、似ているようで違うヘア関係の仕事についてまとめてみましょう。

ヘアスタイリスト

ヘアスタイリストは、顧客やクライアントの依頼やニーズにこたえてイメージ通りのスタイリングをする仕事です。

ヘアスタイリストになるためには、美容室やヘアサロンなどの場所で仕事をスタートするのが一般的ですが、国家資格である美容師免許を取得する必要があります。

ヘアメイクアーティスト

ヘアメイクアーティストもヘアスタイリストと仕事内容はほぼ変わりません。ただし、ヘアメイクアーティストの場合、重要になるのが自分の感性です。ただ単にクライアントの求めに応じるだけではなく、どのようなスタイリングをすればさらに強い印象を与えられるのか、ファッションに込められているメッセージを表現できるのかなど、アーティストとしての能力も必要となります。

ブライダルヘアメイクスタイリスト

ブライダルヘアメイクスタイリストは、ブライダルに特化したヘアのスペシャリストです。

ブライダルヘアメイクスタイリストは、ヘアスタイリストなどの仕事と同様、ヘアとメイクのスペシャリストですが、そこに加えて花嫁さんとの打ち合わせを重ねて、どのようなヘアにしたいのかといったイメージを実現できるコミュニケーション能力が求められます。

まとめ

ヘア関連の仕事は非常に多彩で、将来性豊かなものばかりです。特にヘアスタイルはファッションにおいては非常に重要なポジションを占める要素。もしファッションに興味があるという方は、ヘア関係のお仕事にも注目してみてはいかがでしょうか。

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

ファッションデザイナーについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ
string(12) "not excludes" string(10) "cat is obj"