意外と知らないえんぴつデッサンの種類

デッサンの種類

えんぴつデッサン

誰でも1度は、えんぴつデッサンを描いたことがあると思います。
ですが、知らない人のためにえんぴつデッサンを紹介します。
えんぴつデッサンとは、モデルを決めてえんぴつでモデルにした物を本物のように描いていくデッサンです。
えんぴつと用紙、消しゴムがあると描けます。
えんぴつで描かれたデッサンは一言でいうとえんぴつデッサンですが、実はえんぴつデッサンの中にも種類があるのです。
知っていましたか?

デッサンの種類は、簡単な物から難しい本格的な物まであります。
今回は、えんぴつデッサンの種類について見ていきたいと思います。

種類

えんぴつデッサンにはどのような種類があるのでしょうか。
えんぴつデッサンの種類を見ていきます。
種類は次のような物があります。
・静物デッサン
・人物デッサン
・ヌードデッサン
・石膏デッサン

このような物があります。
では、それぞれ詳しく見ていきます。
・静物デッサン
初心者には描きやすいです。花やフルーツや皿など置いていても動かない物であったり、見た目は割と簡単な物です。
自分の手を描くこともあります。
基本的には初めての人は、このデッサンから始めます。

・人物デッサン
名前を見ても分かる通り、人物を描きます。
人物は、全身を描くこともありますが基本的には上半身を描くことが多いです。
ですが、人物となるとバランスが大切です。
初めての人が描くにはハイレベルかもしれません。
バランスよく描く描き方など人物を描く練習をしてから描くと上手く描けます。

・ヌードデッサン
こちらも名前を見てわかる通りヌードのデッサンです。
ヌードのモデルは、男性も女性もです。
基本的には全身を描きます。

・石膏デッサン
石で出来た像を見たことがあると思います。
この像を描いた絵は、全てこの種類に入ります。
なかなか描くことが難しい物です。
一見、静物デッサンと似ていますが描くのはこちらの方が難しいです。
全体のバランスを見て考えながら描かないといけません。

最後に

紹介したえんぴつデッサンには、沢山種類があることが分かりました。
最初にも言いましたが、初心者レベルから上級者向けがあります。
ですが、どんな物も基礎が出来なければ、描くことは難しいです。
自己勉強をして描いていく人もいると思います。
それもいいですが、本格的にしたいと言う人はプロに学んでいくといいです。
えんぴつデッサンを描く時には、自分のレベルにあった物を選び描いていきましょう。

人気の通信教育はこちら

絵が苦手でも大丈夫。基本的なデッサンから人物デッサンまで。
デッサン資格

鉛筆デッサンマスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

デッサン資料 デッサン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る