初心者のためのデッサンの書き方

鉛筆デッサンの始まりは輪郭線から

デッサンを初めて描く方も多いはずです。デッサンを描く上で、「どういう順番で描いたら良いのか?」、「何をしたら良いのか?」、等の気になることがあるはずです。

ここでは、初心者のために分かりやすくデッサンが描かれる順番についてご紹介します。

1. 「構図を決める」、「形をとる」

・「構図を決める」

構図とは、モチーフとするものが美しく見えるための場所を探して、どのように配置すればよく見えるのかということです。構図の決め方は、モチーフとするものを様々な角度からクロツキーします。(クロツキーとは、モチーフとなるものをおおまかに写し取ることです。そのモチーフとなるものを手早く描くことを言います。)描き始める前に、様々な位置や角度から描くことで大きさや光の当たり方、周りのものとの距離を見ることができます。

・「形をとる(輪郭線)」

構図が決まったら本番の紙に鉛筆で描き始めます。モチーフを図りながら描くため、描いては修正を何度も繰り返します。筆圧を高く紙をえぐるように描いてしまうと消し切れずに描いた跡が残ってしまいます。輪郭をとる段階では、2B以上の柔らかめの鉛筆を使用して筆圧は弱めで描いていきます。

2. 「形をとる(明暗)」

輪郭が取れたなら、明暗を入れていきます。ここでは、モチーフの大まかな明るさや暗さといったところに注意して全体を見るようにしていきます。

細部は描いていて楽しいところですが、この段階では、全体の形やボリューム感に気をつけながら大きく形をとらえるようにしていきます。(細部とは、モチーフとするものの細かな形のことです。)

細部を見ずに大きくざっくりとした形や陰影をとらえるには、目を細めて視界をぼやけさせてみることで分かりやすくなります。目を細めることで、細かいところは消えて軸となる大きな形と陰影が際立ちます。

3. 描き込み・完成

これまでの段階を踏んだなら、あとは描くだけです。

デッサンは、陰影やボリュームだけでなく、質感の違いを描き分けることも醍醐味です。実際に、手を動かして体で覚えなければ、納得のいく作品にはなりません。

おおまかな流れを知ることで、完成度に大きな違いが出ます。

いかがでしたか?

実際に、デッサンを描くことにより、描くことの難しさや充実感、達成感を実感することができます。何度も描いていくことで成長することにつながります。成長具合が目で見てわかるので、のめり込んでいくはずです。

是非、参考にしてください。

 

人気の通信教育はこちら

絵が苦手でも大丈夫。基本的なデッサンから人物デッサンまで。
デッサン資格

鉛筆デッサンマスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

デッサン資料 デッサン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る