初心者でも出来る!えんぴつデッサン

デッサン用具

えんぴつデッサンを始めよう

えんぴつデッサンをしたことがありますか?
えんぴつデッサンは割と簡単に始められ、手軽に出来るものです。
ですが、何から準備したらいいのか、手をつけたらいいのかなどわからないこともあると思います。

今回は、えんぴつデッサンをこれから始めたいと思っている人に、何から始めたらいいのか何を準備したらいいのかなどを紹介したいと思います。

準備する物

まずは、描くための準備をしましょう。
必要な物と言えばやはり紙とえんぴつです。
えんぴつは、2Bの物が使いやすいです。
本格的にしたいと言う人は美術用の紙やえんぴつ、練消しがあるといいです。

デッサンを描いてみよう

初心者の場合何から描いたらいいのかわからないと言う人もいるかもしれません。
ですが、最初は上手く描ける描けないは別としてとりあえず描いてみましょう。
絵と言うのは何度も描いているうちにコツをつかみ上手く描けるようになります。

簡単そうな物を見ながら描き、上手く描けるようになったら光の感覚や影を上手く表現してみましょう。
このように、一つ出来たら一つするといった感じで一つずつクリアしていきましょう。
一度にすべてのことは出来ません。
順番にしましょう。

注意すること

デッサンをする上で注意することがあります。

デッサンをしていると、人に見られたり人と比較することがあると思います。
その時にどのように対応するかです。
褒められたり、自分の方がうまいと感じたりすると浮かれあがり、「これ以上デッサンしなくても大丈夫」と勝手に終わらせてしまうことがあります。
それでは、今以上に上手くなることはありませんし、人にも抜かれます。
自分はまだまだと思い描くことが大切です。

上手く絵を描くために

何度も繰り返して描くことも大切です。
ですが、ただ描いているだけでは自分が描く絵しか見ていないのでどのように描いたらいいのかなど悩んでしまうことがあると思います。
時には人の絵を見ると言うのも上手く絵を描くための勉強です。
画家や上手い人の絵を見て、どのように描いているのかなど良い場所を自分のものにするといいです。
すると、良い場所が自分の絵に入り上手く描けるようになります。

最後に

紹介したことでえんぴつデッサンを始められそうでしょうか?
ぜひ始めてみてください。
始めるとハマってしまうかもしれませんね。
これ以上にまだまだえんぴつデッサンについて知りたいと言う人は教室や学校などがあるので専門の先生に教わるのがオススメです。

人気の通信教育はこちら

絵が苦手でも大丈夫。基本的なデッサンから人物デッサンまで。
デッサン資格

鉛筆デッサンマスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

デッサン資料 デッサン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る