お給料は?将来性は?ドッグトレーナーの給料とステップアップ

お給料は?将来性は?ドッグトレーナーの給料とステップアップ

ドッグトレーナーはペット関連企業やしつけ教室、ドッグランなどの施設など活躍の場所が広いお仕事。では、ドッグトレーナーとしてのお給料とはどの程度なのでしょうか。今回はドッグトレーナーの給料やステップアップのための方法についてご紹介します。

ドッグトレーナーの給料は?

犬が好きな方にとってドッグトレーナーは興味があるお仕事のはず。それではドッグトレーナーとして働いた場合、お給料はどの程度なのでしょうか。

初任給は13万円から18万円程度が一般的

ドッグトレーナーには様々な活躍の場所があり、どのような勤務先で働くかによっても収入は異なります。

もしドッグトレーナーとして就職した場合、初任給は13万円から18万円程度、平均年収は200万円~350万円程度というのが一般的です。

もちろん大きな企業に勤めたほうが、収入は高くなります。ただし、これはあくまでもある程度の規模の企業に勤務した場合。ドッグトレーナーの場合、勤務せずにフリーランスとして働くという方法がありますが、未経験からフリーのドッグトレーナーとして働こうとすると、収入面はかなり厳しいと言えるでしょう。

また、ドッグトレーナーとして働くにはすでに有名になったり、活躍していたりと言った人に弟子入りするという方法もあります。

この場合、お給料というよりもお小遣い程度の収入だと考えたほうがよいでしょう。

労働時間はそれほど長くない

ドッグトレーナーはあくまでも飼い主と犬が主役のお仕事です。そのため、すべてを飼い主と犬のペースに合わせる必要があります。

そのため、一般的な会社員に比べると労働時間はそれほど長くないという特徴があります。

ただし、これはあくまでも平均的な職場の場合で、スタッフが少ない施設などであれば、犬のしつけ以外の雑務なども増えて労働時間は長くなります。

安定している

ドッグトレーナーのお仕事の特徴としては比較的安定しているということがあげられます。

また、犬を飼う家庭も増えているため、ドッグトレーナーへの需要も増加、市場規模も拡大しています。そのため将来性の高いお仕事と言えるでしょう。

トリマーに比べると若干高め

犬に関わるお仕事としては「トリマー」も有名ですが、ドッグトレーナーの場合、お給料はトリマーに比べると若干高めとなっています。

これはドッグトレーナーが非常に専門性の高い仕事であることが理由です。ドッグトレーナーの場合、犬にしつけを行うことがお仕事の中心となりますが、犬は犬種によっても性質が大きく異なり、性格も個体差があるもの。

それらについて、幅広い知識や技術を身につけることが必要になるため、ドッグトレーナーは犬に関する仕事の中でも、安定した収入を手にすることができます。

職場別の給料目安

ドッグトレーナーには様々な活躍の場所があります。では職場によってお給料はどの程度異なるのでしょうか。

ペットショップ

ペットショップに勤めるドッグトレーナーの場合、平均年収は250万円程度といわれています。

ただしペットショップの場合、大手か、個人経営かによっても収入が異なります。特に日本の場合には、ペットショップが一般化されていないこともあり、給与差は大きくなっています。今後、ペットショップ業界の再編や効率化が進むと、この待遇は改善させていくものだと予想されます。

犬のしつけ教室

ドッグトレーナーとしての勤務先の多くは、ペットショップまたは犬のしつけ教室だというのが一般的。犬のしつけ教室の場合、年収の平均は約270万円程度だといわれています。

犬のしつけ教室の場合、個人が経営することが多く、人気のしつけ教室では収入もアップするなど勤務先によって収入の状況は大きくことなります。

警察犬訓練所

ドッグトレーナーは犬のしつけを行う仕事ですが、同様に犬の訓練を行う仕事としては警察犬などの訓練所で勤務するというものがあります。

この場合、年収は約320万円程度といわれています。というのも、警察犬訓練所に勤務する訓練士の場合、公務員という立場。そのため、収入や安定度は他のドッグトレーナーの職場よりも恵まれています。

ただし、警察犬訓練所に勤務するためには、警察犬訓練士となる必要があります。

ドッグトレーナーの収益アップ

ドッグトレーナーとして仕事を続けていくために重要なのが収益をアップさせること。ドッグトレーナーの収益アップには様々な方法があります。

収入を増やしたいなら、独立・フリーランスになる

ドッグトレーナーとして収益をアップさせるためにもっとも重要なのは、独立してフリーランスになるということ。

ドッグトレーナーの場合、最初はペット関連の企業やしつけ教室に就職するのが一般的ですが、そこで実力を認められ、独立してペットショップや自分のしつけ教室を設立する、飼い主の自宅を訪問するフリーのドッグトレーナーになると、収入は大きくアップする可能性があります。

また、独立してフリーランスのドッグトレーナーとして働くと、自分の仕事量や仕事のスタイルなどを自分で決められるということも大きなメリット。

特に犬のしつけに対して自分のこだわりや哲学を強く持っている人にはおすすめです。

ただし、独立してフリーランスとなった場合、犬のしつけだけでなく、宣伝や集客、経理、経費の管理といったすべてのことを自分ひとりで行わなければいけません。

また一日にしつけられる犬の数には限りがあり、お客さんが少ない場合など、収入がダウンしてしまう可能性もあります。

就職時にチェックしておきたいポイント

ドッグトレーナ-として働くときには、様々な就職先が考えられます。では、その際にチェックしておくべきなのはどのようなポイントなのでしょうか。

社会保険や労災保険に加入できるか

ドッグトレーナーとして企業に就職する場合、社会保険や労災保険に加入できるかといった点はしっかり確認しておきましょう。

ドッグトレーナーは犬をあつかう仕事なので、ケガの危険がつきまといます。もしケガをして休業しなければいけなくなった場合など、きちんとした保証があるのかを確認しておいたほうがよいでしょう。

大手のペットショップやペット関連企業の場合、保険に加入できるかどうか心配する必要はありませんが、個人経営のしつけ教室などでは特に注意してチェックしておくとよいでしょう。

交通費や住宅手当事情

交通費や住宅手当が保証されるかといった点も、就職について確認しておきたいポイントです。その他、有給などの待遇面に関しても、制度は整っているけれど有休をとりにくい環境であるなど、職場によって特徴が異なります。

できれば実際に働いている人の意見を聞いてみるとよいでしょう。

住み込みかどうか

ドッグトレーナーの場合、住み込みや訓練所で寝泊まりするといったケースもあります。この場合、職場などに近い、しっかりと勉強できるというメリットはありますが、住居の環境などはしっかり確認したいところ。

また、家賃だけでなく、光熱費や食費などはどのような決まりになっているのか、きちんと確かめておかなければあとでトラブルになり、せっかくの仕事が長続きしないという可能性もあります。

まとめ

ドッグトレーナーは決して高収入のお仕事ではありませんが、好きな犬と関われるだけでなく、努力次第で大きな収入を手に入れる可能性もあります。もし興味がある方は、まずは資格などについて調べてみてはいかがでしょうか。

ドッグトレーニング資格

ドッグトレーニングについて

ドッグトレーニング資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ