ハンドメイドとは?意外に知らない意味と定義

ハンドメイドとは?意外に知らない意味と定義
最近、人気が急上昇のハンドメイド。趣味としてだけではなく、副業として最適ということもあり、チャレンジしてみたいという方も多いのではないでしょうか。しかし、そもそもハンドメイドが何を指しているのかなるとなかなかすぐには答えられないものです。では、ハンドメイドとはどういう意味なのでしょうか。今回はハンドメイドの意味や定義などについてご紹介します。

ハンドメイドとは

そもそもハンドメイドとは、簡単に言うと「人の手によってつくられたもの」という意味です。つまり、機械ではなく手で作るものであれば、どんなものでも「ハンドメイド」ということができます。 ただし、「手で作る」というのは工具を使わないということではなく、あくまでも「手作り」「手製」ということを指しています。そのため、アクセサリーや陶芸、彫金といった工具を使うものでも、ハンドメイドと呼ばれています。

ハンドメイドの定義

実は「ハンドメイド」というのは非常に幅の広い言葉です。本来は単に手作りという意味で使われていましたが、最近ではハンドメイド作品がネットなどで販売されることもあるため、ハンドメイドという言葉はさらに広がりを持つようになりました。 ただし、一般的に「ハンドメイド」と呼ばれるものにはいくつかの定義があります。

マシーンによる大量生産ではなく一つ一つが手作業であること

「ハンドメイド」の重要な定義に「大量生産ではない」ということがあります。ハンドメイドは、ひとつひとつが基本的には手作りで作られます。 たとえば、大型の機械を使用して作ると、まったく形も色も同じ、寸分たがわないものが出来上がりますが、ひとつひとつを手作りすると、細かい部分に微妙な違いが生まれます。同じ型を使って作ったものでも、ハンドメイドの場合にはその日の環境や作り手の気分などが関わって、少しずつ違いが生まれてくるもの。これらの違いを持っている作品がハンドメイドと呼べるものと考えている人もいます。

工具が使われてもハンドメイドと呼ばれる

作品を作る場合には、手だけではなくハンダごてやニッパー、ドライバー、カッターなどの工具が使われることもあります。また、裁縫や刺しゅう、編み物といった作品にも、編み棒やハリ、糸などが使われますが、これらの工具や器具を使ったものも立派なハンドメイド作品だと考えられます。 その他にも、アクセサリーやビーズ作品の場合、パーツを組み合わせて作品が作られることもありますが、これらによって作られた作品もハンドメイド作品だと考えられます。

ハンドメイドの定義は難しい

ただし、ハンドメイドの定義は非常に難しいものだともいえます。 たとえば、工具や手を使って作ったものだとしても、既存の作品とまったくそのまま真似をして作ったものであれば、それがハンドメイドかどうかは微妙だということができます。もちろん、自分で作って趣味として楽しんだり、それを自分や家族で身につけて楽しむという面では問題はありません。しかし、それをインターネットやフリーマーケットで「ハンドメイド作品」として販売する場合、やはりそこには問題があると考えられます。また、料理などの場合、レシピサイトや本などから見つけたレシピそのままのものを作って人に出した場合、それもハンドメイド作品と呼ぶのは難しいでしょう。

ハンドメイドと言えるもの…1から自分で編み出したもの、手芸もハンドメイドのうちのひとつ

つまり、ハンドメイドとは、機械を使わず自分の手で作ったものだけではなく、最初から最後まで自分で考え、作ったものというのが重要な定義となります。 ハンドメイドの中では、手芸も人気の分野ですが、この手芸に関してもデザインを考えて、機械を使わずに自分の手を生み出しているものはハンドメイド作品と呼ぶことができますが、他のデザインを真似したり、雑誌などを見てそのまま作ったものはハンドメイド作品とは呼ぶことができないと考えられます。

生地からつくったお菓子、手編みのマフラーなど

ハンドメイド作品の中には、生地から作ったお菓子や手編みのマフラーなども含まれます。 たとえば、お菓子作りのレシピなどの場合、最初はレシピサイトや本などを見たり、料理教室に通ったりして作り方を学ぶものですが、ネットや本に書いてあること、教室で習ったことを忠実に再現したものは、ハンドメイドではありますが、ハンドメイド作品と呼ぶことは難しいでしょう。もしハンドメイド作品と呼ぶ場合、生地にその人だけの工夫がされているといった特徴が必要になります。 これは手編みのマフラーも同様で、最初は編み方などを学んで少しずつその人なりの工夫が加わって、初めてそれをハンドメイド作品と呼ぶことができます。また、手編みのマフラーのもととなるのは、機械で作られた毛糸などですが、もしその毛糸を使っていても、手で編み上げられていたなら、それはハンドメイドと呼ぶことができるでしょう。

ハンドメイドと間違えられやすいもの

ハンドメイドの世界では、一見するとハンドメイドに見えるものや、ハンドメイドと間違われやすいものも少なくありません。これらのものとハンドメイド作品とはどのような違いがあるのでしょうか。

既成の製品をカスタマイズしたもの(リメイク作品)

ハンドメイドの中には、既成の作品をカスタマイズしたものやリメイク作品などもありますが、これは正確な意味ではハンドメイド作品と呼ぶことは難しいでしょう。たとえば、既製品のシャツにワッペンをつけたり、染色したりして風合いを変えた場合、それはあくまでもカスタマイズやリメイク作品であると考えられます。ただし、シャツやジーンズを布地まで分解して、そこから新しいジャケットやバッグなどを作った場合、それらは元の用途とはかけ離れた新しい存在であることから、ハンドメイド作品であると考えることができます。

キットで大量につくられたもの(自分で楽しむ分はあり)

手芸などの場合、専門店に行くと初心者でも簡単に楽しめる「キット」が販売されていることがあります。キットには生地や素材、それを作るために必要な道具、解説書などが含まれていて、今までやったことがない人も気軽に楽しむことができるため、初心者には非常に頼もしい存在です。 ただし、このキットを用いて作られたものもハンドメイドと呼ぶことは難しいかもしれません。確かに、キットを使って作られたものは、手作りのものですが、キットを使って作ったものはすべてまったく同じもの。デザインや生地選びなど、作った人の好みは反映されません。 そのため、キットを使って作ったものはハンドメイドと呼ぶことはできません。 もちろんキットがいけないというわけではありません。趣味として楽しむなら、キットは非常に便利な存在です。

ハンドメイドの価値

なかなかはっきり定義することが難しいハンドメイドですが、その価値はどんなところにあるのでしょうか。

唯一無二であること

ハンドメイド作品の最大の価値は、「他に同じものがない」ということ。手作りで生み出した唯一無二の作品であることこそが、ハンドメイドの最大の価値ということができます。

デザインから作成までオリジナルであること

本当のハンドメイドは、作品から製作工程まですべてが作り手が考えたオリジナル作品。様々な組み合わせの中からオンリーワンの美しさを引き出すことがハンドメイドの存在価値です。

まとめ

ハンドメイドの定義は非常に重要ですが、さらに重要なのはハンドメイドをやってみたいと思う心です。もしハンドメイドに興味を持ったなら、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

手芸クラフトハンドメイドの資格が取れる!!
手芸クラフトハンドメイド資格

手芸クラフトハンドメイド
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

手芸クラフトハンドメイド資料 手芸クラフトハンドメイド

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ