クイリング(Quilling)の魅力・道具の紹介

手芸
クイリング(Quilling)とは、細長い紙を丸めて作るペーパークラフトです。日本でも徐々に認知度をあげて、作り方講座や素敵な作品例などがネットなどで紹介されています。その起源は?そしてどんな道具を用意すれば良いのか?基本的な情報に加えて、クイリングの魅力を考えてみたいと思います。

起源はルネサンス時代のヨーロッパ

15、16世紀のヨーロッパ、フランスやイタリアの修道女たちが、聖書の製本で余った紙片を使って作り始めた装飾物が、クイリングの原型になっているといわれています。当時は鳥の羽の軸部分(「フェザークイル」と言います)を使っていたようで、それがクイリングという呼称の起源にもなっているようです。クイリングは当初宗教用具を飾るためのものでしたが、18世紀になるとヨーロッパ貴族の間で大流行し、世界中に広がっていきます。

特徴は

幅3mmほどの細長い紙を巻いていくクイリングは、紙のもつしなやかさ、折り曲げやすさを最大限に生かして平面や立体を作るクラフトです。細かで地道な作業なので、手先の器用さと、長く続けていく根気が必要とされます。材料はクイリングペーパーと呼ばれる専用の紙がありますが、タント紙やラシャなど、色数の多いファインペーパーも切って使うことができます。 ■必要な道具 ・紙(クイリングペーパーまたはファインペーパーを所定の幅にカットしたもの) ・クイリング・バー:紙を巻くための専用の道具で、バーの先端には紙を挟みこむための切れ込みが入っています。 ・ハサミ、ボンド、つまようじ ・テンプレート(円形や楕円形) ・ピンセット ・クリンパー:紙を波型にする専用の道具

基本の型は2種類

紙をクイリングバーに挟みこみ、クルクルと巻いて渦巻きのような語りを作る、これがクイリングの基本中の基本、「ルーズサークル」です。このルーズサークルの片方をつまんで折り曲げると雫のような「ティアドロップ」になります。この二つの型を使って、ロートアイアンのように渦と曲線を組み合わせて紋様を作ったり、大きなモチーフを構成する一部にします。

どんなものが作れる?

リースやブーケなど、フラワーアレンジメント系、イニシャルやレター系などの「文字」系、クリエイティブなウォールアートなどジャンルはさまざま。結婚式の招待状やウェルカムヴボードに飾りをあしらったりするのにも向いています。材料は「紙」で、特別な力や電動工具も必要ないので、エントリーしやすいクラフトだといえるでしょう。各方面で注目を集めるクイリング、気になったら是非挑戦してみてください。発色がよくカラーが揃っているクイリングのスターターセットで試してみるのがオススメです。

人気の通信教育はこちら

手芸クラフトハンドメイドの資格が取れる!!
手芸クラフトハンドメイド資格

手芸クラフトハンドメイド
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

手芸クラフトハンドメイド資料 手芸クラフトハンドメイド

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る