どんなものが作れるの?グルーガンを使ったオシャレインテリアアイテム

手芸
グルーガンとは、スティック状の樹脂を熱で溶かして接着剤として使うタイプのクラフト用品です。今では100均ショップで買うことのできる手軽なDIYアイテムとして、じわじわと認知度を広げています。すばやく固まるので、ボンドなどの接着剤よりもすばやく作業ができるので、いろいろな工作、インテリアアイテムを作る際にメリットがたくさんある道具。基本的な使い方と、実際に作れるオシャレなグッズを紹介します。

ピストル+スティック

「ガン」と名前が付いている通り、ピストル上のもち手の付いた道具と、接着剤として使うグルースティックの二つをそろえます。グルーガンは、電源コードを使うのでコンセントのある環境が必要です。ガンにスティックをセットすれば準備完了。いろいろなものをくっつけるのに使ってみましょう。

リース作り

造花や種子などの小物を、リースのベースにくっつけていく際に、グルーガンは大変便利な道具になります。買ったリースのピースが取れて落ちてしまったときの補修にも使えるんですよ。

ティアドロップス作り

デコレーションに使うティアドロップス作りも、グルーガンを使ってできてしまいます。固まった後はがせるように、つるつるの石の台を用意します。スティックは透明のものをチョイス。台の上に、丁度水玉ぐらいの大きさになるように、一つずつ雫を作っていけば完成です。 作ったティアドロップスは、底面にアクリル絵具で色を塗って色味を加えたりして自由に調整して使えます。メイソンジャーに張ってデコレーションしたり、スマホケースに張ったりと、そのあとの使い道は自由ですね。

絵や文字も書ける

グルーガンで文字を書く、というのも面白いアイデアなので紹介します。ガンの先は細くペンのようになっているので、子どものかばんの名札を可愛くこさえたり、またバッグにお気に入りのキャラクターを加えたりすることもできます。固まると、滑り止めとしても機能するようになるので、靴のそこやガラス瓶のそこに使っても良いでしょう。

ワンポイントの補修にも

DIYやデコレーションンだけではなく、靴やカバンについているワンポイントアイテムやアップリケ、家具の生地の剥がれなどもグルーガンで修復できます。そう考えると、家に一つは用意しておくととっても便利に使えますね。

まとめ

グルーガンを使用するときの注意としては、高温で樹脂を溶かすのでやけどの心配があることでしょうか?くれぐれも子どもが触らないように配慮して、楽しくコミュニケーションしながら作業できると良いですね。

人気の通信教育はこちら

手芸クラフトハンドメイドの資格が取れる!!
手芸クラフトハンドメイド資格

手芸クラフトハンドメイド
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

手芸クラフトハンドメイド資料 手芸クラフトハンドメイド

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る