どんなものがある?ハンドメイドの資格とは

どんなものがある?ハンドメイドの資格とは

自分で作った作品を販売することもできるハンドメイドは大きな人気。参加する人も年々増加して競争も激しくなっています。そんなとき、他の作家と差別化を図るために便利なのがハンドメイドに関する資格です。今回はハンドメイドに関する資格についてご紹介します。

ハンドメイドに必要な資格

ハンドメイドは趣味としても楽しめるものですが、そもそもハンドメイドと資格にはどんな関係があるのでしょうか。

ハンドメイド作家になるために必要な資格はない

ハンドメイドとひとくちに言ってもその中には様々なジャンルがあります。しかし、自分でハンドメイドを楽しんだり、ハンドメイド作品を販売したりというときには、特に必要な資格はありません。

ハンドメイドは、自分の好きに楽しめるもの。資格を取得していなくても、自分の好きな作品を作ることができます。

資格をもつことで仕事の幅が広がる、自信・信頼を得られる

それでは、ハンドメイドに関する資格はどのように役立つのでしょうか。

まず、ハンドメイドの資格を取得するメリットのひとつは、知識や仕事の幅が広がるということ。ハンドメイド作品を作っている人の多くは、趣味の延長や、独学で作品作りのテクニックを学ぶもの。自分で身につけた技術や知識は、自分の作風に合ったものなので使いやすい、やりやすいという面もありますが、どうしても基本的な知識が抜け落ちてしまうことも少なくありません。また、正しい知識を学ぶと、作業の手間を省き、効率をアップできる可能性もあります。

資格を取得する過程で身に付いた技術や知識を応用すると、今度の仕事の幅を広げてくれることにもつながります。

さらにハンドメイドの資格を持っていると、お客様からの信頼度もアップします。

現在、ハンドメイド作品の販売サイトには多くの人が集まっています。その大量にアップされた中から自分好みの作品を探すことは非常に難しいものですが、資格を取得してそれを売り物にすることで、お客様に安心して商品を選んでいただくことができます。

もちろん、資格取得は簡単ではありませんが、努力を重ねることは自分に対する自信にもつながります。

教室を開く、講座や講演なども行える

ある程度人気を集めるようになると、講演や講座の依頼が舞い込むことも少なくありませんが、そんなときにも資格があると非常に便利。

講演や講座を依頼する人にとっても、資格は安心材料になるもの。また、自分で教室を開きたいというときでも、資格があれば受講する人も安心して教室に通うことができます。

もし自分で作品を作るだけでなく、自分の技術や知識を誰かに伝えたいと思ったとき、資格は非常に役立ちます。

ハンドメイドに関する資格

それでは、ハンドメイドに関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

クラフトハンドメイドマイスター

「クラフトハンドメイドマイスター」は日本デザインプランナー協会が主催するハンドメイドの資格です。クラフトハンドメイドマイスターは、装飾用の糸の取り扱いや布の染め方などに関する知識やスキルを持っていると認定された人に与えられるもので、布や糸を使用したハンドメイド作品を制作したいという人にとっては非常に便利な資格です。

資格を取得するためには、協会の試験に合格する必要がありますが、試験は在宅で受験できるため、時間的な余裕がないという方にも最適です。

手芸アドバイザー

「手芸アドバイザー」は日本生活環境支援協会が主催する資格です。この資格は手芸に関するカーピングやギャザーなどの様々な知識や技術を持っている人に与えられるもので、試験には糸の種類や取扱い方、革用品制作に関する基礎的な知識が出題されます。手芸には様々な素材などに関する幅広い知識が必要ですが、この資格取得を目指した学習の過程で、より専門的な手芸に関する知識を身につけることができます。こちらの資格も在宅で試験を受けられるほか、試験はおおむね二か月に一度開催されているため、忙しい人にとっても最適の資格です。

プリザーブドフラワー製作講座

花に特殊な加工を施すことで、生花の美しさや感触を保つことができるプリザーブドフラワーはギフトなどにも人気ですが、「プリザーブドフラワー製作講座」は、プリザーブドフラワーの基礎を学ぶことができる講座です。講座では生花の染色や加工、アレンジなどを学ぶことができるだけでなく、制作に必要な材料や用具などもセットになっているため、誰でも簡単にプリザーブドフラワーを始めることができます。また、この講座を修了すると日本バイオフラワー協会から三級の技能認定を受けることも可能。総合コースを受講すると、二級の技能認定を受けることができ、さらに協会会員となると講師としての活動も可能になることから、ハンドメイドを仕事にしたいという人にとってもぴったりの資格ということができるでしょう。

レジンクラフトデザイン認定講師

好みのパーツなどを組み合わせてアクセサリーを作ることができるレジンはハンドメイドの中でも人気の存在。「レジンクラフトデザイン認定講師」はレジンについての専門的な知識を身につけた人に与えられる資格です。資格を取得すると、ハンドメイド作品を販売する際にお客様からの信頼度がアップするだけでなく、レジンクラフト認定講師として活動を行うこともできます。資格取得のためには講座の受講が必要ですが、レジンの素材やパーツの使い方、着色など細やかな内容となっているため、これまでレジンを扱ったことがないという人の入門としても役立ちます。

ハンドメイドに持っていると便利な資格

資格の中には、ハンドメイドに直接関係するものだけでなく、持っていると便利なものも存在します。

色彩検定

ハンドメイドで重要になるのが、どのような色を使うかということですが、もし色について学びたいという方には色彩検定がおすすめです。色彩検定は色に関する知識や技能を問う検定試験で、色についての理論などを学ぶことができます。これまで感覚的に色を選んでいてどうもしっくりこないという経験がある方にはもってこいの資格ということができるでしょう。また、色彩検定は一級から三級までがあり、資格を持っておくとデザイン関係の就職にも有利となるだけでなく、ファッションやインテリアなど様々な分野にも知識と技能を活かすことができます。

商品写真撮影に関する検定

ハンドメイド作品をネットショップに出展したとき、大切になるのが写真撮影です。この写真撮影に関しても、「魅せる商品写真 キラキラデコ&アクセサリー撮影プロコース」という検定があります。この検定は、アクセサリーなどの写真の撮り方についての技術を学べるもので、受講すると撮影フレームやライトといった撮影グッズも手に入るため、きれいな写真を撮りたいという方にはおすすめです。

ハンドメイドの資格の取り方

では、ハンドメイドに関する資格を取得する場合にはどのような方法があるのでしょうか。まず、資格取得の方法として便利なのが、DVD、テキストなどでおこなえる通信講座です。通信講座であれば、自分の好きな時間に勉強ができるため、家事や子育てなどで忙しい方にも安心。一方、しっかりとした知識を身につけたいという方にはきちんと身につく通学講座がおすすめです。

どちらの講座にもメリットやデメリットがありますが、まず自分がしたいハンドメイド分野の資格をとることが重要です。

まとめ

ハンドメイドの資格を取得すると、知識や技術が学べるだけでなく、売り上げのアップも期待できます。ハンドメイド作品の販売や制作で悩んでいるという方は、思い切って資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

手芸クラフトハンドメイドの資格が取れる!!
手芸クラフトハンドメイド資格

手芸クラフトハンドメイド
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

手芸クラフトハンドメイド資料 手芸クラフトハンドメイド

手芸クラフトハンドメイドについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ