7つの色とエネルギー

チャクラの色と場所

チャクラって?

「チャクラ」という言葉を聞いたことがある方は多いことでしょう。

ヨガの言葉? インドの教え?・・・明確に知る機会はないかもしれませんね。

チャクラとは、体に点在するエネルギーの基点(エネルギーセンター)のことです。

背骨にそって7ヶ所あり、下から7つの番号を定められており、古代インドから発祥した考え方で、ヨガや東洋医学などでも用いられています。

もともとはサンスクリット語で「車輪」「円」を意味しています。

チャクラとは、エネルギーの出入り口であり、そのエネルギーは、まるで蓮の花が開閉しているかのように、脈動してらせん状に回転しながらチャクラを出入りしています。

中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」と呼ばれ、瞑想や気孔などを繰り返していくことで覚醒していくようです。

チャクラの色と場所

7つのチャクラには、各々色が異なります。

それぞれのチャクラには共鳴する「色」や「音」や「香り」が存在し、それらを使って心身に働きかける

カラーストーンセラピーやアロマセラピーという心理療法もあります。

■第1チャクラ

「レッド」「ピンク」・・・会陰(生殖器と肛門の間)にある、生きていくための本能的なエネルギーとなり、人生の基盤となるチャクラ。生命力、生存欲求、情熱、地に足をつける。

■第2チャクラ

「オレンジ」・・・丹田(ヘソの下)にある、精神的に自立し人間関係を築くチャクラ。物欲、性衝動、情緒のバランス、相手を尊重する。

■第3チャクラ

「イエロー」・・・みぞおちとヘソの間にある、自分を信頼し人生を切り拓くチャクラ。個性と自信、知性、論理性、自分を尊重する。

■第4チャクラ

「グリーン」・・・胸部の中心にある、愛と思いやりのチャクラ。喜怒哀楽、希望、慈愛。

■第5チャクラ

「ブルー」「ターコイズブルー」・・・喉仏の下にある、自分を表現し相手に伝えるチャクラ。自己表現、創造性、コミュニケーション。

■第6チャクラ

「ロイヤルブルー」・・・額の中央(眉間の上)にある、五感を超えた直観とひらめきのチャクラ。
サードアイ(第三の目)と呼ばれる。内的ヴィジョン、直感、知恵。

■第7チャクラ

「バイオレット」「ホワイト」「ブラック」・・・頭頂(百会)にある、大自然・宇宙のエネルギーとつながるチャクラ。霊性、直感、超感覚、無欲。

あぐらを組んで座った状態の下から頭までの7つの点。

本能的で野性的な点から徐々に上にいくにつれて、精神面、感性を開いていくようになります。

密教・仏教などの宗教ではなくても、眠れない夜などにゆっくりと座って目を閉じて、7つのチャクラを意識してみましょう。

体内のエネルギーを活発にさせる気持ちを持ちことで、明日が少しポジティブになりますよ。

 

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る