黄緑青の色が表す効果

黄緑青の色が表す効果 カラーセラピー

色には、それぞれ特徴があります。その色が人間の心身に大きな影響を与えます。そこで、「黄、緑、青」の色が表す効果についてご紹介します。

1. 黄色の表す効果

黄色は、太陽の光に1番近い色です。古代のエジプトやマヤ文明では太陽を表す色として崇拝されてきました。黄色は明るい太陽のように人々に希望と喜びを与えます。それにより、楽しい感情を生み出します。心理学的には、強い希望を抱いている時に鮮やかな黄色が黄になるという傾向がしめされています。また、希望を叶えるために乗り越えなければならないハードルがあるときに黄色や青、黒などの高コントラストな配色を好む傾向があります。

黄色は、左脳を刺激し知性を高める色です。理解力、記憶力、判断力が高まるので心の不安を解消してくれます。人前でお話をするのが苦手な人でも黄色を使うことで頭の回転が速くなり会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

黄色は、とても目立つ色です。日常生活では、危険を表す色として使用されています。自然界なら虎やハチの模様、人工のものなら踏切や工事、立ち入り禁止の看板などです。他にも、自己アピールが強い人は黄色を好む傾向があります。自分の方を向いて欲しい場合などに黄色を好む傾向があります。

2. 緑色の表す効果

緑は、暖色でも寒色でもありません。中間色の色であり、もっとも刺激の少ない色です。これは、物理的にも人間が見えている光の真ん中に位置しています。身体のバランスを整えてリラックスさせる効果があります。刺激の少ない緑は、見る人に安心感を与えます。やすらぎをもたらす効果があります。

緑色は、自然や平和をイメージさせます。自然がもつ癒しの効果をもたらします。成長する自然のように健康と成長をイメージさせる色です。しかし、緑色は刺激の少ない色であるため、積極的で活発な人には好まれない傾向があります。保守的、受動的、マイペース、などの補足の赤とは正反対のイメージをもつ色になります。

3. 青色の表す効果

青色は、感情を抑える色です。青の効果を取り入れることで、心身が落ち着き、感情にとらわれることなく冷静に物事を判断できます。青の光が副交換神経を刺激し、脈拍や体温が下がり、呼吸もゆっくりと深くなるためということが理由として考えられます。

青色は、心と身体を落ち着かせ、長時間の集中力を助けます。単純作業や頭脳労働の場所で使用すると効果があります。集中力を乱さず、冷静な判断力で仕事をすることにつながります。

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る