赤 橙の色が表す効果

赤 橙色の表現 カラー 

色には、それぞれ特徴があります。その色が人間の心身に大きな影響を与えます。そこで、「赤、橙」の色が表す効果についてご紹介します。

1. 赤色が表す効果

赤色は、強いエネルギーをもたらす色です。赤色は、活力や情熱、興奮、などの強いエネルギーをイメージする色になります。積極的なリーダータイプの人に好まれる色です。他にも、赤色は、やる気や元気が欲しい時、自信を取り戻したい時、自分をアピールしたい時などに赤を好む人が多いです。その反面、赤には怒りや攻撃的というネガティブなイメージもあります。怒りや攻撃性も強いエネルギーの一つです。活力や情熱と同じように強いエネルギーがネガティブな表れ方をしただけのことになります。

赤色は、自己主張がとても強い色です。小さくても目立ちます。普段の生活の中で、信号機やパトカーのパトランプなどに用いられています。血や肉、熟した果実の色であり、昔から生命に直結する色でした。そのため、奉納的に赤に反応するようになったと考えられています。食欲や性よくなど、動物的な生きる力を高める色としても知られています。

2. 赤色は暖色の代表的な色

赤は暖色の代表的な色です。そのため、あたたかみを感じる色としても知られています。赤色に囲まれた部屋では、体感温度が2〜3℃上がるという実験結果も報告されています。赤の光が、交感神経を刺激し脈拍と体温が上がり血流が良くなることが原因とされています。寒気を感じる時や慢性的な冷え性対策には、赤の効果を取り入れましょう。

3. 橙が表す効果

陽気であたたかい、人間関係を促す色とされています。赤と黄色が混ざった色が橙です。太陽や炎のように陽気であたたかい高揚感を表す色です。橙が好きな人は、陽気で人付き合いが良く社交的なタイプが多いです。また、寂しがり屋やお人好しが多いのも橙の特徴になります。

橙には、胃腸を刺激し食欲を促す効果があります。食欲がない日は食卓に橙の色のものを取り入れることで改善に期待できます。また、橙があることで料理や食事も楽しく感じることにつながります。親しみやすくカジュアルなイメージから、飲食店のインテリアやウェブデザインに使用されることが多い色です。

橙の優しくてあたたかい光は、恐怖やプレッシャーによる心の不安や抑圧を取り除く効果があります。心が乱れていたり、不安で押しつぶされそうな時は橙の光を見ることで心身のバランスを整えることにつながります。

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る