快適なインテリアを作るなら!部屋に使う色の効果と選び方

快適なインテリアを作るなら!部屋に使う色の効果と選び方

毎日を過ごすお部屋。できれば素敵なインテリアに囲まれて居心地の空間を作りたいと考えている方も多いかもしれません。実はお部屋のインテリアで重要になるのは掃除でも家具でもなく、使用する色です。今回はお部屋のインテリアに使う色の効果や選び方についてご紹介します。

部屋作りの色彩効果

お部屋のカラーリングでは好きな色を使いたいと考えるかもしれませんが、実は部屋の目的によって、おすすめの色使いが異なります。

赤系の部屋

赤は情熱や興奮といったイメージがあるように、気分を高めてくれる効果があります。同時に、食欲増進や会話が弾むといった効果もあるため、リビングやダイニングにおすすめ。特に北向きで寒い部屋に赤を使用すると、寒々しい雰囲気になるのを防ぐことができます。また赤は気分を高めてくれるため、疲労感を軽減するといった効果も期待できます。

逆に赤色は人を興奮させる効果があるため、集中したい、リラックスしたいといった場合には不向きです。

オレンジ・イエロー・ベージュ系の部屋

赤と同じように気分を弾ませてくれる色であるオレンジやイエローといった色使いにも食欲増進や元気を高めてくれる効果があります。

さらにこれらの色は赤よりも柔らかい色なので、興奮だけでなく家庭的でリラックスできるといった効果も期待できます。そのため、リビングやキッチンといった、家族が集まる場所におすすめです。

また、ベージュ系の色はより安心感が高まるため、リビングにおすすめです。

緑系の部屋

自然の植物を連想させる緑色は安心感を与えてくれる色です。癒しやリラックス効果も高く、寝室やリビングといったくつろぎのための空間にもってこいです。また、落ち着いて物事に取り組むことができるため、書斎や勉強部屋にも最適です。

ただし、あまりに濃い緑色や暗めの色を使いすぎると、リラックス作用が強すぎて無気力になったり、心が暗くなったりというマイナスの効果もありため注意しましょう。

青系の部屋

青色には高い鎮静効果があると同時に、空や海といった自然のイメージを持っているため、さわやかな印象を与えることができます。清潔感も持ち合わせているため、トイレやバスルームなどの水回りにも最適。

また、青には鎮静効果と同時に集中力を高める働きもあり、勉強部屋にも向いている色です。

このように青は使いやすい色ですが、暖色と比べると部屋が冷たく感じるため、北向きの部屋などに使うと寒々しい部屋になってしまうこともあります。

青は清潔感がある色ですが、食欲を減退させる効果があるため、ダイニングルームなどには不向きです。

ブラウン系の部屋

木を連想させるブラウンはナチュラル系のインテリアには欠かせない色です。ブラウン系の色からはぬくもりを感じることもできるため、落ち着きやリラックスできるリビングや寝室に最適です。

特に緊張を和らげるという効果が高いため、人が集まる場所や、落ち着いて何かを考えたい書斎といった場所にも向いています。

ただし、人によっては「落ち着きすぎる」「地味」「退屈」と感じることもあります。

白系の部屋

白は清潔感の高い色で、インテリアには多く使われる色です。白はリビングや寝室、水回りにも最適で、お部屋の中でも広い範囲に用いられます。

白だけでは部屋がまぶしい、明るすぎると感じる場合には、アイボリーやベージュなど淡い色がおすすめ。

日当たりが悪いお部屋でも、明るさを感じさせるなどの効果もありますが、使いすぎると冷たく病院のような印象になってしまうこともあります。

また、くすんだ白やグレーは効率をアップさせるため、オフィスなどで使用されますが、グレーだけでまとめてしまうとリラックスしづらい部屋になってしまいます。

黒系の部屋

黒は色と光を吸収するため、静けさや落ち着きといった印象を与える色です。同時に高級感のある洗練された雰囲気が生まれるため、生活感のない、ゴージャスな雰囲気やハイグレードな空間を作るときに向いています。

ただし、黒は圧迫感の強い色なので、狭い面積を黒で埋め尽くすと、部屋を狭く感じることもあります。

また、どうしても印象が重くなってしまうことから、心理的にも暗く落ち込んだ気分になってしまう可能性もあります。

目的別でみる色の選び方

それでは、お部屋の目的によって使い分けるなら、どのような色をチョイスすればよいのでしょうか。

リラックスする部屋にしたい場合

もしお部屋をリラックスしたり、くつろげたりする空間にしたいという場合、おすすめなのはブラウンやベージュと言ったアースカラー。

これらの色は自然界に存在する色に近いため、そこにいるだけで自然にリラックスすることができます。

ブラウン系の色は家具などにも多く用いられていることもあり、インテリア同士の相性がよいのも非常に便利です。

なお、ワンポイントとして観葉植物を置いたりクッションなどにグリーンの色を使ったりすると、より一層リラックスする空間を作ることができるでしょう。

仕事がはかどる部屋にしたい場合

書斎やワークスペースなど、自宅で仕事をする場所に必要になるのは緊張感。もしお部屋の中に緊張感が欲しいときに必要なのはコントラストです。

たとえば、白い空間の中にあざやかな色味のオレンジなどをワンポイントで加えることで、部屋の中に清潔感と緊張感が生まれます。

また、白と黒、ネイビーブルーなどを適度に組み合わせると空間が引き締まり、仕事に対する集中力を高めることができます。

このとき、あまり多くの色を使いすぎると部屋の中が雑然としてしまい、逆に緊張感や集中力が失われてしまう結果になるため、注意しましょう。

温かみのあるカントリー調の部屋

お部屋の中に赤やオレンジ、ブラウンなどの暖色を用いると、温かい印象を与えることができます。

特にカントリー調の部屋を作りたいというときには、ブラウンやワインレッドなどが効果的です。このとき、照明器具などにも蛍光灯ではなくオレンジ系のランプなどを使うとさらにお部屋に温かみが生まれます。

ただし、これらの色は心理的な温度を上げるという効果もあるため、濃い暖色を多用すると暑苦しい部屋になってしまいます。

また、暖色系は膨張色なので、広い面積で使いすぎると部屋が狭く感じられてしまうこともあります。

洗練された雰囲気のある部屋

落ち着きのある洗練された雰囲気のお部屋は大人にふさわしいもの。そのときに便利なのがグレーやブラック、ブルーといった知性的な寒色系の色です。これらの色の組み合わせは、落ち着いた印象を与えることができます。

特に、広い面積でこれらの色を使うと、より深みが生まれるため、思い切って天井や床、壁などに暗い色を用いることも効果的です。

ただし、これらの色は落ち着きが生まれる反面、圧迫感を与えることもあるため、狭い部屋の場合には、窓を広く開けたり、間口の狭い壁の二面だけを暗い色合いにするといった工夫をすると快適な空間になるでしょう。

また、お部屋にブルーを使うときには、鮮やかすぎる色を使うと頭が冴え、淡い色を使うと落ち着きが生まれるため、お部屋の目的によって使い分けるとよいでしょう。

まとめ

色の効果を知るとインテリアが一層楽しくなるもの。もしもっと快適なお部屋を作りたいと考えているなら、色の効果についてさらにくわしく学んでみてはいかがでしょうか。

カラーセラピー資格

カラーセラピーについて

カラーセラピー資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ