太陽色のマジック

太陽色のマジック カラー

■太陽の虹色

カラーセラピーというと、やや堅苦しい心理療法も想像してしまいますが、生活の中でカラーを意識すること、カラーを上手に生活に取り入れて心のリフレッシュをすること、そんなことがカラーセラピーでもあります。

正確には、セルフカラーセラピー(自分で行うカラーセラピー)でしょうか。

例えば、天気の良い日に窓辺で昼寝をしたり、夏のビーチでのんびり過ごすことは、気持ちいい感情を引き起こしますね。

それは「太陽光」の効果です。

太陽光にはすべての色彩が含まれており、光そのものを浴びて感じることは幸せ感そのものなのです。

心身をいやす、まさにカラーセラピーですね。

風水でも、陽の力は運気という光を取り入れ邪気を払うといわれています。

日当たりの良い部屋というのは、人気があるものです。

より太陽の光を取り入れるために、「サンキャッチャー」というクリスタルやガラスなどの置物を飾ることもあります。

サンキャッチャーは、希望のシンボルである「虹」を作ります。

人の出入りの多いお店やサロンでは、このサンキャッチャーをインテリアに取り入れることで気の乱れも整えるので、設置しているところも多いようです。

元気がないなぁーと思ったら、窓を開けて太陽の光を浴びましょう。

■赤と黄に魅了される理由

秋になると日本ではあちらこちらの山々での紅葉のニュースが流れます。

あの美しい色彩に心が躍り、紅葉を見に出かけたくなりますね。

なぜなのでしょう?

木の葉は、太陽の光が長く暖かい時期に光合成により栄養を作り、根から水分を吸収して葉から蒸発させて循環します。

しかし、寒くなってくると、日が短くなり栄養が十分に摂れなくなります。

そこで、樹木は活動休止の冬の用意をしていきます。

不要な葉を落としていくために、枝から葉を離していくのですね。

その時、木と葉の間で循環しなくなることで、緑の成分が分解されて色づいていきます。

美しく紅葉するには、春夏の十分な太陽光と水分、秋の朝晩の冷え込みが大切な条件です。

日光や京都などの紅葉の名所は、確かにこれらの条件を満たしていますね。

そして私たちが何気なく「紅葉狩りに行こう。」と惹かれるのは、単に美しい赤や黄色のグラデーションだけではなく、本能的に祖先から受け継がれてきた「紅葉の美しい場所は、空気の澄んだ自然豊かな所」との認識があるからかもしれません。

なぜなら、人工的な紅葉色には、このような心動くものがないからです。

紅葉の山々の「赤」「黄」には自然の営みを感じさせる太陽の光が宿っているからでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る