カラーボトルセラピー

カラーボトルセラピー

カラーボトルセラピーとは、さまざまな色が並んでいるボトルから数本を選んで、自分の心と向き合うカラーセラピーです。

とてもきれいで楽しくなるセラピーですので、ボトルを選んでリーディングの際に「当たってる。」という反応も多いのですが、

ご自身で選んだボトルなので、そこにあなたの心理が表れているということです。

当たりはずれではないのですね。

そして、カラーボトルを選ぶ手は、必ず左手です。

これは、右手が左脳、左手が右脳と結びついているため、左脳で論理的に選んでしまうと

バランス良く選ぼうとしたり、この後のことも考えて策を練ってしまうことがあるからです。

でも、カラーボトルの種類は豊富で迷う気持ちはわかります。

上下2つの色に分かれているものが多く、その組み合わせはかなりの数になることでしょう。

ボトルの色が上下2層になっている場合、上層の色は自分でも意識できる「顕在意識」、下層の色は自分では意識できない「潜在意識(無意識)」の状態を表していると解釈されることが多いです。

また、たいてい4本のボトルを選びます。その順序にも意味があります。

■1本目のボトル

カラー診断で1本目に選ばれたボトルは、選び手の「本質」を表しています。

生まれ持った性格や幼少期に受けた環境からの影響など、選び手の本質的な部分が表れます。

■2本目のボトル

カラー診断で2本目に選ばれたボトルは、選び手の「過去」を表しています。

過去に起因する経験や課題などが表れます。

■3本目のボトル

カラー診断で3本目に選ばれたボトルは、選び手の「現在」を表しています。

選び手が今現在直面している状態や心身の状態などが表れます。

■4本目のボトル

カラー診断で4本目に選ばれたボトルは、選び手の「未来」を表しています。

これからの希望や方向性、未来の可能性、展望などが表れます。

選ばれないカラーのことを「ミッシングカラー」といいます。

好き嫌いだけではなく、避けてしまう色、なぜ、その色に心惹かれないのか、その理由に重点をもってリーディングを行う場合もあります。

過去の自分や思考に深く影響していることも多いのです。

■オーラソーマ

オーラソーマでは、イクイリブリアムボトルと呼ばれる四角いカラーボトルを使います。

オーラソーマには現在107本のボトルがあり、ときどき本数が変わります。

イクイリブリアムボトルにはそれぞれのボトルに名前や意味(メッセージ)があり、オーラソーマ・カラーセラピーの中心となるツールです。

肉体の周りを覆っているオーラは、悩みや疲れで大きく乱れるという考え方です。

■オーラライト

オーラソーマよりも色彩心理学を多く取り入れたセラピーです。

80本のボトルは、12色の組み合わせで作られています。12色には色彩心理学に基づいた意味があります。

カラーセラピー資格

カラーセラピーについて

カラーセラピー資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ