カラーセラピーの基本を学んでみよう

カラーセラピーの基本

自分たちの周りには色があふれ、何かしら影響を与えています。

ここでは、そんな色を取り入れているカラーセラピーについて学んでいきます。

カラーセラピーで色の特性を知り、自分に合わせて生活に取り入れてみましょう!

○カラーセラピーとは?

皆さんのよく聞いたことがあるカラーセラピーとは、いろんな色を使ったセラピー・心理療法のことです。

色を使って精神の状態を探る、また癒しに使われます。

色の特性を知り、効果的な色を身の回りに置くことで、精神回復にも役立ちます。

○色は心の鏡になる?

カラーセラピーを行う際、無意識に好きな色を選んでもらいます。

その無意識に選んだ色が、今のあなたの精神状態を表しています。

例えば・・・

がんばりや元気がほしい時は、燃えるような赤色。

ゆっくりしたい時や落ち着きたい時は茶色や緑色。

このような色を選ぶ特徴があります。

覚えておいてくださいね。

○カラーセラピーの色から受ける影響とは?

人間は自律神経というもので、体温調整などの生命維持をしています。

この自立神経はストレスに弱く、影響を受けやすいもので、よく自律神経失調症という病気になりやすくなります。

この自律神経は故意に操作することはできないのですが、色の影響を受けて変化するということが確認されています。

ここでいっている自律神経ですが、これには交感神経と副交感神経があり、人間の行動と休息を司る神経になります。

実はこの交感神経と副交感神経は、色を見ることでどちらかを活発にしたりすることがあります。

色には暖色系と寒色系の色に分けられ、それぞれ特徴が違います。

暖色系の赤や黄などの温かみのある色は、交感神経に働きかけ人間を活動的にしてくれます。

寒色系の青や紫などの冷たい色は、副交感神経に働きかけ人間を休息状態にしてくれます。

この色を2つに分けると、暖色系の色は活動の心の状態、寒色系の色は静寂の心の状態と結びつくことがわかります。

このことから、選んだ色によって今自分がどのような状態になりたいのか、それがわかってしまうのです。

○カラーセラピーまとめ

ここまで、カラーセラピーの基礎部分について少しご紹介してきました。

この方法を使えば、今の自分の精神状態をしっかり把握することができ、改善するのにきっと役立つかもしれません。

カラーセラピーを知っていただいて、生活の中に取り入れて、うまくストレスをかわしながらこのストレス社会の現代を過ごしていきましょう。

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る