おとなのぬりえでストレスレスに!

カラー セラピーについて

最近再び、大人の塗り絵に人気があるのをご存知ですか?

少し前に、風景画や有名な画家の絵に自分で色を塗る塗り絵が流行り今でも書店ではその時に売り出された塗り絵を目にします。

 

そして今回、新たな塗り絵ブームの火付け役となったのが、2012年5月にフランスのアシェット社が刊行した「100 COLORIAGES ANTI-STRESS(アンチストレスのための100の塗り絵)」。

この塗り絵、今までの物とは少し違うんです。

 

まるで幾何学模様。

リバティプリントの生地、ペルシャ絨毯の模様、アラベスク・・・例えようがない緻密なデザインで、色を塗ったら自分だけのデザインブックとして何度も眺めてしまいたくなるような、本当にデザインに富んだ塗り絵です。

もう、塗り絵の域を超えています。テキスタイルのデザイナーが持っていそうな、そんな1冊です。

 

ところで、なぜこんなに塗り絵が流行るのでしょうか。

それにはこんな理由があるようです。

 

 

ストレス解消

何か一つの事に没頭していると、人はそれまで抱えていた悩みや心配事、不満などを忘れてしまいます。

一時的なこととは言え、ほんの一瞬でも嫌なことを忘れられるのはストレスから解放されリラックスできる瞬間です。

 

毎日ストレス社会で神経をすり減らしながら生活している大人たち。

そんな大人たちがただ色を塗ることに没頭することで、日々のストレスから解消され、落ち着いた心を取り戻すことができます。

 

 

アートセラピー

アートセラピーという言葉を耳にしたことがありますか?

アートセラピーとはカウンセリングで用いられる心理理療法のひとつです。芸術の世界に触れることでのセラピー効果、アートを通して人と交流することなど、芸術を介して自分自身を表現し、本当の自分を発見、理解していくことです。

 

ただ絵画を見るだけでなく、自分で色を塗ることで自分自身を見つめ直したり、童心に帰ったりする時間を作ることができます。

おそらく、何ページも塗っていくと、その時の気分でまったく違う色使いになると思います。それを見比べながら、自分の精神状態と向き合うこともできます。

 カラーセラピーその色

 

五感の活性化

手や目、脳の感覚を刺激することで、五感の活性化にもつながります。

そのためアートセラピーは、高齢者の予防介護や子供の情操教育などで行われています。

 

色の配置を考える、色を塗る、目で楽しむことで脳の働きが活性化され認知症予防にもなると考えられています。

 カラーセラピーの表現

 

単純に色をぬることを楽しもう

 いかがですか?塗り絵は子供の遊びと思ってしまいがちですが、大人にも十分効果が期待される遊びだと思いませんか?

 

でも、ストレス解消になるからとか、認知症予防になるからなど深く考えず、ただ単純に色を塗ることを楽しんでください。

いろいろ考えて塗っていたら、逆にそれがストレスになりかねません。

 

最近は様々な文房具が発売されていて、ちょっと珍しい色鉛筆やカラーペンもたくさんあります。そんな文具を使いながら、自分だけの世界にふたつとないデザインブックを作ってみてください。

きっと心がワクワクしますよ。

人気の通信教育はこちら

カラーセラピーの資格が取れる!!
カラーセラピー資格

カラーセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カラーセラピー資料 カラーセラピー

憧れのアパレル業界で夢を実現。
ファッション資格

ファッションデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ファッションデザイナー資料 ファッションデザイナー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る