注意したい!子供のストレスサインと解消方法

注意したい!子供のストレスサインと解消方法

ストレスは大人だけのものではありません。実は子供にとってもストレスは大きな問題。しかも子供はストレスを感じていると自覚しにくいため、親がそれを早期に発見してあげる必要があります。そのときに重要となるのがストレスサイン。今回は子供のストレスサインと、ストレス解消の方法をご紹介します。

子供のストレスとは?

ストレスというと大人のものだと考えがちですが、実は子供も大きなストレスを感じています。

幼少期の子供もストレスを感じやすい

ストレスへの耐久性は人それぞれですが、大人の場合、ストレスを感じていることを自覚したり、それを解消するため趣味を見つけたりと様々な対処を行うことができます。

しかし、子供の場合にはそうはいきません。それどころか、子供の場合には自分が感じている気持ちをストレスだと自覚するのも難しいもの。

特に幼少期の子供は、身体と心の成長が激しいもの。昨日までできなかったことができるようになる一方で、自分の心と身体の変化に戸惑うことも少なくありません。

さらに成長すると幼稚園や保育園、小学校といった具合に周囲の環境も非常に激しく変化します。

それらの変化は子供にとって大きなストレスになることもあります。

ストレスは心身の変化となってあらわれる

子供の場合、ストレスを自覚できないことはすでに述べた通りですが、それを言葉にして説明できないというのも子供の特徴です。

その結果として、子供の場合、ストレスは心身の変化となって現れます。

このストレスへの反応は一見病気のように見えることもあり、大人にとってはそれをきちんと判断できるかどうかが重要になります。

ストレスの原因

それでは、具体的にはどのような事柄が子供のストレスの原因となるのでしょうか。

まず挙げられるのが幼稚園や保育園。幼稚園や保育園に入ると環境が大きく変化することはもちろん、「親と長時間離れる」ということ自体子供にとっては大きなストレスになります。

というのも、子供にとって親は頼りになるだけでなく、いなければ生きていけないという大切な存在。一時的にといっても、その親と引き離されることは子供にとっては耐えがたい状況です。

また、親そのものもストレスの原因となることもあります。

たとえば子供が言うことを聞かないときなど、ついつい大きな声で叱ってしまうこともありますが、それも子供にとってはストレスです。

さらに、いつもだったら怒られないのに、今日は怒られたという場合、子供にとってはどうしてよいのか分からないもの。

そういったストレスが積み重なることも、子供の心には大きな負担となります。

幼児がみせるストレスサイン

子供がストレスを感じている証拠となるのが「ストレスサイン」と呼ばれるものです。ストレスサインには様々な種類があります。

体のサイン

子供の場合、ストレスが身体的な症状として現れることもあります。

その中でも多いのが、「腹痛」。大人でも緊張した場面などでお腹が痛くなるという人がいますが、子供の場合、小さなストレスが原因で腹痛が起きることもあります。

また、胃腸は自律神経の影響を大きく受けるため、ストレスが下痢や便秘、食欲不振と言った具体的な症状を伴いこともあります。

さらに疲れやストレスが皮膚症状として現れることもあります。

アトピー性の皮膚炎の場合はそれがひどくなったり、アトピーでない子もじんましんやしっしんが出るという症状が出ることも珍しくありません。

心のサイン

ストレスのサインとして見逃せないのが、心理的な状況が現れるものです。身体的なサインの場合、痛みとなって現れるため気づきやすいことが多いものですが、心のサインは言葉や表情の変化として現れるため、しっかりと保護者が見守っている必要があります。

たとえば、以前はよく笑っていた子が笑わなくなった、ささいなことで泣くようになったという場合は要注意。

もともとあまり笑わない、よく泣くといった個別の性格でなく、普段と比べて変化があるという場合にはストレスサインである可能性が高くなります。

また、喜怒哀楽が激しくなったり、逆にボーっとしている時間が増えたという場合にもストレスが溜まっている状態であることが疑われます。

保育園や幼稚園に通っている場合では、園と家では態度や反応が違うという場合もあるため、園での様子などもきちんと教えてもらっておくとストレスサインに気づきやすくなります。

行動のサイン

ストレスサインは思わぬ形で表れることもあります。たとえば、反抗的になった、暴力的になったという場合、それがストレスサインであることも考えられます。

同様に口数が少なくなる、ひどく甘えるといったいつもと違う行動を取った場合にはストレスによる反応を考えるとよいかもしれません。

また、ストレスのサインとして多いのがおねしょ。おねしょは膀胱のサイズが小さいことが原因になることもありますが、自律神経やホルモンバランスがストレスによって乱れていることも考えられます。

もし急におねしょの回数が増えたという場合、注意して見守ることが必要です。

子供のストレス解消法

ストレスを感じている場合、子供もストレスを解消する必要があります。では子供の場合、どうすればストレスを解消することができるのでしょうか。

好きなことをさせてあげる

子供にとってなによりのストレスの解消は、好きなことをさせてあげるということ。

興味があることや友達と遊ぶことなど、その子が楽しいと感じることができればネガティブな感情を軽減することに役立ちます。

体を動かすことに集中させる

子供のストレス解消の方法として、身体を動かすのはおすすめの方法です。

身体を動かしている間は、脳が運動に集中するため、余計なことや嫌なことを考える余裕がなくなります。

特に外で身体を動かすと自然に接することにもなり、ストレス解消により効果的。

ただし、運動が苦手な子や、運動嫌いの子の場合、無理に運動させるとそれがストレスになってしまうため注意しましょう。

親の対応方法

もし子供がストレスを感じていると思ったら、親はどのような対処を行えばよいのでしょうか。

ストレスの原因を見つける

子供のストレスに対して、まず親が行うべきことはストレスの原因を見つけることです。ストレスというと、学校など外の世界に原因があると考えてしまいがちですが、実際は家庭内での出来事が原因となっていることも多いもの。

たとえば夫婦喧嘩が多い、新しく生まれた弟や妹への嫉妬などが原因となっていることもあります。

スキンシップを増やす

子供にとって、親に愛されないということは大きなストレスになります。

そのため、少しの時間でも子供とスキンシップを行うことが必要。スキンシップを行うと、親への愛情が増し、心を安定させることにもつながります。

会話を増やす

子供との会話を増やすことも、ストレス解消のよい方法です。

特に食事中、家族で会話を行うことは子供にとって安心できる時間。自分の話を聞いてくれると思うだけでも、安心でき、自分にとって嫌なことも話しやすくなります。

ただし、元気がないときに無理に理由を聞きださないように注意しましょう。

適度なストレスは成長に必要なもの

実は適度なストレスは成長にとって必要なものだと言われています。ストレスを乗り越える力は社会で生きていくために欠かせないもの。

そのため、ストレスを取り除こうとするのではなく、それを乗り越えるサポートを行うことが必要です。

まとめ

現代社会では子供のストレスは大きな問題となっています。特に繊細な子供はストレスを受けやすいもの。もし対処しきれないと感じた場合には、カウンセラーなどの専門家のアドバイスを受けるのもよいかもしれません。

子供心理について

子供心理資格はこちら

ページトップへ