好きを仕事に。キャンドルアーティストなるには?

気軽に楽しめるだけでなく、ほのかな光で心を癒してくれるキャンドルは趣味として人気です。キャンドル作りを趣味にしている方の中には「プロになりたい!」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。今回はキャンドルのプロであるキャンドルアーティストのお仕事やキャンドルアーティストになる方法についてご紹介します。

キャンドルアーティストとは?

キャンドル作りのプロであるキャンドルアーティスト。では、キャンドルアーティストのお仕事とはどのようなものなのでしょうか。

キャンドルのデザイン・製作

キャンドルアーティストのお仕事の中心は、なんといってもキャンドルを製作すること。最近ではナチュラルな照明として人気を集めているキャンドルは、実用性だけでなくインテリアとしても人気。そんなキャンドルをデザイン・製作して販売するのがキャンドルアーティストの主要なお仕事です。

自分で制作したキャンドルはインターネットをはじめ、ハンドクラフトマーケットやワークショップ、雑貨屋さんをはじめとしたインテリアショップなどで販売し、そこから収入を得るのがプロのキャンドルアーティストです。

イベントやお店などでも活躍

キャンドルアーティストのお仕事は、キャンドルを販売するだけではありません。

たとえば最近増えているのが、イベントやお店などでのエコイベントのゲストとしての活動。

キャンドルは自然に優しいという特徴があるため、エコ意識の高い人には大きな人気です。そういったキャンドルに関心の高い人の集まる場所に出向き、トークショーやキャンドル作りのポイントなどのレクチャーを行うのもキャンドルアーティストの仕事になります。

また、キャンドルアーティストの中には、キャンドル作りを教えるスクールやセミナー、自宅を改装したキャンドル教室などで講師となり、キャンドル作りについてレクチャーを行うという活動をしている方も少なくありません。

キャンドルアーティストになるには?

それでは、キャンドル作りのプロであるキャンドルアーティストになるにはどのような方法があるのでしょうか。

資格は必要ない

キャンドルアーティストやキャンドル作りに関する資格はいくつか存在しますが、これらは民間の団体が主催・認定する資格で、キャンドル作りに関する国家資格はありません。

たとえば、医師や弁護士の場合には国家資格を受験して合格することで初めて医師免許や弁護士資格が与えられますが、キャンドルにはそのような資格はなく、そのため、キャンドルアーティストになるためには資格は必要ないということができます。

プロになりたいなら資格を取っていた方が有利

では、もしプロになりたいと思った場合でsもキャンドルアーティストに関する資格を取得する必要はないのでしょうか。

実はそうとも限りません。

オリジナルのキャンドルを販売する場合、お客さんにとって資格は信頼の証。資格を持っていると、しっかりとした技術や知識を持っているとアピールすることにつながります。

また、資格を主催する団体によっては、資格を取得することで講師の道が開けることもあります。

独学でも学べる 自由に、金額的にも安くすむ。火の取り扱いに注意が必要

キャンドルの技術を身につけたり、資格を取得したりといった場合には、独学で学ぶ方法と講座を受講するというふたつの方法があります。

独学の場合には、金額的に安く済み、自分の好きなときに勉強できるということがメリット。通信講座を受講したりスクールに通ったりという場合、仕事や家事、育児などと両立するのは難しいものですが、独学の場合には自分の好きな時間で勉強できるのがメリット。

ただし、キャンドルは性質上、どうしても火を取り扱うことになるため、きちんと注意をすることが必要になります。

講座を受講する プロから学べる、資格がとりやすい

キャンドルについての資格を取得したいという場合、講座を受講するという方法があります。

講座を受講するメリットは、なんといってもプロからきちんとした技術を学べるということ。キャンドルには様々な細かいテクニックがあり、それらは本を読んだりネットを見たりしてもなかなか身につけるのが難しいものですが、講座を受講するのであれば、それらの専門的な技術もきちんと身につけることができます。

また、資格が取りやすいというのも講座を受講するメリットです。

もちろん費用は掛かりますが、講座を受講するにはそれにふさわしい利点があるということができます。

キャンドルに関する資格

実際に資格取得を考えた場合、必要なのは資格の特徴を知ることです。ではキャンドルに関しての資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

JCA認定キャンドルアーティスト

「JCA認定キャンドルアーティスト」は「日本キャンドル協会(JCA)」が認定する資格です。この資格はキャンドルの制作に関するテクニックだけでなく、消費者が求めるキャンドルを企画提案し、キャンドルを利用した空間プロディースまでできる人材を育成することを目的としたもの。そのため、高度な知識やテクニックなどを身につけたいという人には最適。

また、資格を取得すると展示会への出店や講師活動なども可能になります。

JCA認定キャンドルインストラクター

「JCA認定キャンドルインストラクター」は「日本キャンドル協会(JCA)」が認定する資格で、こちらはキャンドル製作の指導を行うプロのインストラクターに与えられる資格です。

キャンドル作りを教えるということに重点を置いている資格なので、キャンドルスクールやセミナーで活動したいという人には最適の資格と言えるでしょう。

認定には実技試験はもちろん、スクール運営に必要な知識なども求められる非常に実践的なもの。もし本気でキャンドルを仕事にしたいという方にはおすすめです。

JIA認定キャンドルアーティスト 

「JIA認定キャンドルアーティスト」は「日本インストラクター技術協会」が認定を行う資格です。キャンドルの制作の方法や素材の選び方などを指導できる人材の育成を目指しているだけでなく、基本的な技術を徹底的に学ぶことができるため、非常に便利な資格です。

また、インターネットからの申し込みも可能で、在宅受験もできるため、比較的受験しやすい資格ということができます。

まとめ

様々な仕事につながるキャンドルアーティストは非常に将来性豊かな仕事です。興味がある方は、まずは資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

初心者からでもオリジナルキャンドルが作れる!
キャンドル

キャンドルデザインマスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

キャンドルについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ