初心者でも出来る!キャンドルをアレンジしてみよう

リンゴ形のキャンドル

いつものキャンドル

キャンドルを買う時にはどんなキャンドルを買っていますか?
キャンドルと言えば、一般的な形は紙コップの形の様な物です。
キャンドルアートもありますが、一般的なキャンドルを買う人が多いと思います。
ですが、色は違っても同じ形のキャンドルを見ていると飽きてきたと言う人も出てくるかもしれません。

では、いつもとは違うキャンドルにしたいと思いませんか?
更にそれが自分で出来るとしたらどうですか?
ただ買うだけの物からオリジナルの物に出来るのです。
今回は、その方法をご紹介します。

キャンドルをアレンジ

キャンドルには、正方形のキャンドルや長方形のキャンドルなど沢山の形のキャンドルがあります。
見たことがある人もいると思います。
ですが、どんな形でも思い通りの形に出来るのです。
これは嬉しいですよね。

必要な物はカッターナイフ又ははさみです。
では作り方を見ていきます。

例えば、正方形のキャンドルから果物を作ることが出来ます。
これだけではありませんが、リンゴを作るとしましょう。まずは、リンゴの形をイメージします。
そして元々のキャンドルに、簡単な下書きを描いてみましょう。自信がある人は、下書きをしなくても削ることが出来ます。
ですが、失敗したくないと言う人には下書きを描くことをオススメします。
リンゴの形になるように丸く削っていきます。

その他、長方形の場合船や車など乗り物を作ることが出来ます。
この場合は、失敗しないためにも下書きを描くことをオススメします。

初心者には細かい作業は難しいですが、簡単な物だと初心者でも作りやすいです。
簡単な物は、ボールだったりハートなどの形も作れます。
そんなに削るのはしたくないと言う人は、キャンドルの外側を絵を描くように削るということも出来ます。

最後に

どうでしたか?アレンジキャンドルは簡単に出来ると思いませんか?
自分で少しアレンジをしただけでもオリジナルのキャンドルが出来、いつもとは違うキャンドルを楽しむことが出来ます。
一から作るわけではないので、難しく考える必要はありません。
ただ削るだけなので、初心者でも思ったような形にすることが出来るのではないでしょうか。
キャンドルは好きだけれど、不器用で削りすぎたらどうしようとアレンジが出来ないと思う人もいるかもしれませんが、それも味です。
楽しみながらすることが大切です。
では、早速どんな形のキャンドルにしたいかを考えてみましょう。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る