入門 アロマキャンドルの使い方

アロマキャンドル

アロマキャンドルは良い効果を得るには

ちょっとした使う時の注意が必要です。今回はそれをご案内します。

香り選び

香り選びは重要です。自分の目的に合わせて香りを選びましょう。

アロマは様々な効果があります。たとえばラベンダーはりラックスして眠りたい時に

効果があります。今は100均にもアロマキャンドルはありますができれば専門店で

アロマについて相談して探すのがアロマの良い効果が期待できます。

使い方

一度火をつけたら、1時間程度は灯すようにしましょう。このくらい火を灯し続けるようにすると、

ロウの表面全体が平らに溶けてきます。そうしないとロウがドーナツ状に残ったりして、

最後まできれいに使えなかったりします。

その間に他に行ったりすると危険なので、音楽をかけて香りを楽しんだり、

「ゆらめき」を見つめてゆったりしたり、キャンドルとの時間を有意義にすごしましょう。

リラックスしたり疲れを取ったりする効果がありますので、

自分の大事な時間ですからアロマキャンドルの時間はゆとりを持ってとりましょう。

炎の長さも調節しましょう。

長い時ははさみで芯を切ります。短い時は芯の周りにロウが固まっているので、

火を消した後に、ティシュなどでロウを取り、芯を長くしましょう。

芯の長さは5~6ミリにいつも調節しましょう。

また芯は中心になるように、火を消した後に調節しましょう。

火の消し方にもコツがあります。

火を吹き消すのではなく、ピンセットなどで芯を溶けたロウの中に入れて消します。

そして芯を中心に戻しておきます。そうすると次回、火をつけた時に黒い煙が出たりしません。

ロウが残っているのに芯がなくなったら、容器を湯煎にかけて

ロウを溶かします。そこにたこ糸などを底まで垂らして芯を作ると、

最後まで使うことができます。

保管の仕方

日光や風が当たる場所ですとと香りがなくなったりします。

また木製の物に直接置くと、製品によってはロウの精油が染み出したりします。

一定の温度管理で、なるべく暗い場所で保管しましょう。

またロウの下にお皿を置いたりしましょう。

またホコリがついた時は少し湿らした布などで拭きましょう。

その時は芯まで濡らさないように注意しましょう。

芯まで濡らすと火がつかなくなります。

まとめ

いかがですか。アロマキャンドルを気持ち良く使うためには以上のような

ちょっとしたコツが必要です。疲れをとったり、ゆっくりできる時間になったり

自分の大切な時間になりますので、キャンドルも大切に使いましょう。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る