クリスマスにやってみたい!キャンドルアレンジの種類やコツ

クリスマスにやってみたい!キャンドルアレンジの種類やコツ

記念日にはキャンドルが似合うものですが、中でもキャンドルを灯したくなる日といえばクリスマスです。クリスマスにはキャンドルは欠かせないといっても過言ではありません。今回はクリスマスにぴったりのキャンドルアレンジやアレンジの種類、コツや注意点、クリスマスシーズン以外でも使えるアレンジなどをご紹介します。

クリスマスに飾るキャンドルアレンジ

クリスマスキャンドルを灯す意味

クリスマスに灯すキャンドルの明かりは美しいものですが、そもそもなぜクリスマスにキャンドルを灯すようになったのでしょうか。それはクリスマスがキリスト教の大切な記念日であることに関係しています。キリスト教では、キリストは「すべての人を照らすまことの光」であるとされ、すでに四世紀ごろには、福音書を朗読するときにはキャンドルが灯されていました。さらに教会の儀式では、キャンドルを灯す本数や配置などに決まりがあるほど、教会とキャンドルは切っても切れない存在。

また、そういった習慣は「アドベントキャンドル」という風習として一般にも広がります。アドベントキャンドルとは、クリスマスの準備として、四週間前の日曜日からクリスマスリースにキャンドルを灯していくという行事。一週間にひとつずつキャンドルを灯していくことで、日々の平和や未来の希望などに感謝をするという風習で、さらに燃え残ったキャンドルは、来年までお守りに取っておくという習慣もあるようです。

クリスマスキャンドルのアレンジの種類

クリスマスキャンドルのアレンジといえば、代表的なのが「ホリゾンタルスタイル」です。ホリゾンタルスタイルは船の底のような平行四辺形にアレンジしたスタイルで、中央のキャンドルの周りには、杉の葉などのグリーンや花などを飾ります。またこの角をより強調して、菱形にした「ダイヤモンドホリゾンタル」というスタイルも人気があります。

どちらのアレンジでも、やはりクリスマスカラーの赤と緑は欠かせないもの。特に、赤はバラなどをアレンジすることが一般的ですが、あえて白系でシックにまとめたり、パステルカラーでそろえたりといったアレンジも、クリスマスを一層華やかにしてくれるでしょう。

クリスマスに飾るキャンドルアレンジのコツと注意点

クリスマスに飾るキャンドルアレンジは、一見難しそうに思えますが、ちょっとしたコツさえ身につければ意外に簡単にできるもの。誰でも簡単にできるクリスマスのキャンドルアレンジのコツと注意点を紹介します。

キャンドルやキャンドルボトルに直接ペイントする

キャンドルやキャンドルボトルに直接ペイントキャンドルアレンジの中で、一番手軽にできるのは、キャンドルやキャンドルボトルに直接ペイントする方法です。

アクリル絵の具やマスキングテープなどを使用して、好みの絵や模様などをキャンドルに描いていきます。このとき、マスキングテープは模様に使うだけでなく、絵具のはみだし防止にも使えるため、ぜひ試してみてください。

アクリル絵の具がない場合におすすめしたいのが、キャンドルボトルに直接ペイントする方法。まず、紙などにペンや色鉛筆で下絵を描きます。キャンドルをグラスなどに入れたあと、絵を描いた紙をそのグラスにかぶせるだけ。そうすると、紙を通して、絵が部屋の中に浮かび上がります。紙さえあれば誰でも簡単にできるアレンジで、失敗してもすぐに別の絵を描けばいいだけなので、アレンジ初心者にはおすすめです。

キャンドルの形や大きさに合わせてアレンジ

キャンドルアレンジには、キャンドルの形や大きさに合わせてアレンジするという方法もあります。例えば細長いキャンドルなら、リング状にアレンジするとゴージャスなシャンデリアのようなイメージに、小さなキャンドルはツルなどの植物を使えばクリスマスリースのイメージに変身します。

花器を工夫する

キャンドルアレンジを行うときには、花器を工夫する方法もあります。花器といっても、特別なものを使う必要はありません。たとえば、お皿などに乗せるだけでも、普段とはちょっと違ったアレンジを楽しむことができます。また、おすすめなのがワイングラス。ワイングラスに飾りを入れたり、クリスマスカラーのリボンを組み合わせたりするだけで、クリスマスムードたっぷりのキャンドルが出来上がります。さらに、クリスマスシーズンには手作りのリースの素材なども数多く販売されていますが、それらをテーブルに置き、キャンドルを中央に置くだけでも、クリスマスらしいアレンジになります。

食卓に飾る場合は注意(アロマキャンドルはNG)

クリスマスのキャンドルアレンジはとても楽しいものですが、アレンジを行うときにはいくつか注意したいポイントもあります。

まず、食卓で使用するキャンドルはアロマではないタイプのものを使うこと。食事を楽しむ食卓では、強い香りの出るキャンドルを使ってしまうと、料理のにおいとまじりあってしまい、せっかくの食事もアロマも楽しめないということになりがち。もしどうしてもアロマを使いたいと言う場合には、食事とデザートを終えたあとで楽しむようにしましょう。

また、キャンドルアレンジに燃えやすい素材を使う場合は要注意。特に天然素材のリースなどはしっかり乾燥した植物などが用いられていることもあり、思ったよりもはるかに火が付きやすい状態になっています。アレンジのときにはできるだけ火から離れた場所に置き、万が一のことが起きてもいいように、水をたっぷり入れたピッチャーなどを準備しておくとよいでしょう。

その他、ワイングラスなどをアレンジに使用する場合には、耐熱性のものを使用しましょう。耐熱でないものを使用した場合には、キャンドルの熱でガラスが割れてしまうこともあります。

クリスマス以外のキャンドルアレンジ

クリスマスはもちろん、キャンドルは四季を通じたアレンジで季節感を楽しむことができます。誰でも簡単にできるアレンジを紹介します。

砂や貝殻と合わせて海や砂浜をイメージ

夏のアレンジにおすすめなのは、砂や貝殻などを合わせて海や砂浜のイメージを演出すること。ガラスのジャーなどに砂や貝殻を入れ、中央にキャンドルを差し込むだけで、夏らしいアレンジのキャンドルが出来上がります。

キャンドルにブレスレットを合わせる

よりシンプルなキャンドルアレンジを楽しみたい、そんなときにはお気に入りのアクセサリーやブレスレットを合わせるのもおすすめです。キャンドルの明かりでブレスレットの金属やジュエリーがより一層美しく見せてくれますよ。

キャンドルホルダーに花や植物を巻きつける

季節感を楽しみたいときには、その季節の花や植物をキャンドルホルダーに巻き付けるだけでも、季節感たっぷりのキャンドルアレンジになります。また、フラワーアレンジメントなどと組み合わせると、パーティにも最適なアレンジとなります。

水に浮かべる

もし小さなキャンドルがたくさんあるなら、水に浮かべるのもおすすめ。水面にキャンドルの明かりが反射する様子はとても幻想的。リラックスタイムにぴったりの素敵なアレンジです。

瓶やランタンに入れる

キャンドルのアレンジには、瓶やランタンもおすすめです。ガラスを通したキャンドルの明かりは、普段よりも美しく感じるはず。専用の瓶やランタンなどがない場合、大き目のガラスジャーなどでも代用できます。

まとめ

クリスマスだけでなく、一年を通して楽しめるキャンドルアレンジ。ちょっと食卓を華やかにしたいときや、記念日などにはぴったりです。初心者でも簡単にできるものも多いため、興味が出てきたと言う人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

初心者からでもオリジナルキャンドルが作れる!
キャンドル

キャンドルデザインマスター
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

キャンドルについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ