キャンドルの用途や素材による呼び方

キャンドルは様々な用途や素材があり、種類が豊富にあります。

ここでは、そんな用途や素材による呼び方の違いについて、いろいろ紹介していきます。

○ティーライトキャンドル

一般的にもよく知られていて、40mm前後のアルミ・またはプラスティック製のカップに入ったキャンドルです。

よくアロマのバーナーに使われる、炎が小さいタイプになります。

キャンドルホルダーにそのまま入れて、明り取りなどにも使用されます。

このキャンドルは使い勝手がよく、無駄なく燃焼してくれ、約4~5時間灯りをともしてくれます。

○アロマキャンドル

ロウに香料が入っていて、その香りを楽しむためのキャンドルです。

その中でも人工的な香料を使ったものや、自然由来の精油を使ったもの、大きくこの2種類があります。

自然由来の精油を使用したキャンドルは、アロマセラピーにも使われ効果を発揮します。

人工的な香料のキャンドルは、安いものはあまり作りがよくなく、場合によっては身体に悪い場合もあります。

アロマキャンドルを使う時は、安いものではなくてできるだけいいものを使いましょう。

○アウトドアキャンドル

ガーデニングやキャンプ・花火などに使用する、アウトドア用のキャンドルです。

虫よけにも使われ、柑橘系のオイル成分が熱せられ、虫のキライな甘いレモンの香りをだしてくれます。

夏などのアウトドアに最適な時期に、よく使われるキャンドルになります。

○リキッドキャンドル

常温では固まらない、不思議なパラフィン系の液体キャンドルです。

耐熱性のガラス容器に入れて使用し、煙や臭いがでにくいタイプです。

特殊な液体のキャンドルなので、いろんな色を混ぜて楽しむという方法もあります。

○ゼリーキャンドル

液体のパラフィンにポリエチレンワックスを混ぜ合わせ、ゼリーのような質感で固まったキャンドルになります。

ガラスの容器に入れられ、中に人形などのアートがデザインされていたりします。

よく遊園地や水族館などの施設のお土産としても、店内で販売されていたりします。

○和ろうそく

木蝋などで作られた、日本のろうそく(キャンドル)です。

今では原料に使われる種類も多く、手軽にお安く手に入れられます。

花が装飾されたものもあり、主に仏壇に備え付けるものとして使われます。

このように使われかたによっても呼び方が違い、さまざまな種類が存在します。

ご自分のお気に入りのキャンドルを見つけて、キレイな炎をともしましょう。

面白く楽しいキャンドルを、日常に取り入れてみてください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ