キャンドルの歴史について知ろう

キャンドルの歴史

キャンドルとは

キャンドルというのは、簡単に言うと「ろうそく」のことです。
かといってただのろうそくではありません。
可愛くデザインされたろうそくや香りのあるろうそくなど沢山の種類があります。

今回はキャンドルについて見ていきたいと思います。

キャンドルの歴史

キャンドルを知るにあったて歴史を見ていきましょう。

まずは、言葉の起源ですがキャンドルという言葉はラテン語のキャンデレという言葉から出来ています。
「キャンド」は、輝くや白く光るといった意味があり「デレ」は小さいという意味があります。

キャンドルと言うのはとても古くから日本にある物です。
日本より早くキャンドルを使っていた世界中の国々から日本に伝わったのは、奈良時代くらいです。
最初のキャンドルは、はちみつで作られた物だと言われています。
世界中で使っていた物を使っていましたが、はちみつは簡単に手に入るものではなく、お金持ちにしか手に入れることは出来ないくらいでした。
そこで、日本独自の物でキャンドルを作ろうと考え木ろうそくや和ろうそくが作られるようになりました。
日本で手に入りやすい材料を使うと、庶民にも手に入れやすく手軽に使える物となりました。

昔のキャンドルと言うのは今の電気と同じ役割を果たしていたのです。
日本も発達し電球が開発されると、キャンドルを使う家庭は少なくり、停電になった時にキャンドルをつけるといった感覚になってしまいます。
明かりとして使われなくなってきたキャンドルは、次に人を癒したりインテリアとして使うためのキャンドルに生まれ変わるのです。
それが最近のキャンドルです。
最近のキャンドルでは、昔のただ白いだけだったキャンドルよりも進化し、可愛い柄が入っていたり色があったり、香りがあったりするのです。そして、買う物だった物から市販の物もありますが、自分で好きなように作ることも出来るようになるのです。

最後に

キャンドルの歴史を知ることが出来たでしょうか。
形や用途は違えど、長い間日本で使われているキャンドルは今やなくてはならない物だと思います。
どんな時にどのように使うかはその人次第ですが、ストレス社会の現代には火の光というのは静かでゆっくり出来る場所で見ると幻想的でリラックスできる効果があります。これに更に、癒しの香りがあると落ち着くこと間違いありません。
まだ持っていないと言う人は、お気に入りの1つを買うか自分で作ってみてはどうでしょうか。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る