キャンドルの効用・効果

キャンドル

キャンドルを眺めているだけで癒される、それは皆さんご存じだと思います。

ですが、キャンドルの力はそれだけではありません。

どんな面白い効用・効果があるのか見ていきたいと思います。

・1/f ゆらぎ

1/f ゆらぎというのは、自然界にあるリズムのことで、例えは夏の夕暮れに吹くそよ風や、小川のせせらぎなどの「ゆらぎ」を指しています。

このリズムというのは人間にとって心地よく、癒しを感じられる自然からの贈り物なのです。

そしてその「ゆらぎ」がキャンドルの炎の揺れに表現され、そのキャンドルの炎を見ているだけで心洗われるのです。

キャンドルの炎、その灯りにはそんな不思議な力があるのです。

・身体と明りのスイッチOFF

キャンドルの癒しを感じるために効果的なのは、暗い空間でキャンドルの灯りをつけることです。

このことで目につくものが少なくなり、自分の意識をより深いものへ変わり、邪魔なものを消去して心を空っぽにしてくれるのです。

部屋の明かりを消してキャンドルの灯りをともせば、癒しの空間を作り上げ、心身ともにリラックスさせてくれるのです。

・キャンドルの炎がマイナスイオンを生み出す

マイナスイオンは特に山や川などの自然界に存在し、心地よくしてくれるものとして多くの人が知っていると思います。

そんなマイナスイオンがキャンドルをつける、詳しくは燃焼させることによって発生し、身体を労わってくれるのです。

現代社会は電磁波で乱れを生じさせ、人間にとって良くないことになっています。

身体にとっても良いことですから、しっかりキャンドルのマイナスイオンを浴びましょう。

・消臭剤の代わりに

キャンドルに火をともすことによって、部屋の悪臭を断つ消臭剤の代わりを果たします。

それはどういうことかというと、キャンドルの炎が空間に浮遊している匂いの素を焼いてしまうのです。

この効用・効果は有名で、知っている人も多いかと思います。

部屋の匂いが気になった時、掃除をした後などにキャンドルをともせば、癒しをあたえてくれるだけではなく、

部屋の空間そのものをキレイにしてくれる優れものなのです。

・広い空間に大変身

皆さんの部屋が狭いか広いかはわかりませんが、キャンドルの灯りをともすことによって部屋が広く感じられるようになります。

それは、キャンドルの炎のおかげで影が強調され、空間に奥行きができたように見え、そう感じてしまうのです。

この効用・効果は、キャンドルの数を増やすほど感じられます。

狭い空間ではいつも窮屈で大変です。

キャンドルの炎をつけ、余裕を生み出し、心身ともにリラックスさせましょう。

このように、キャンドルの効用・効果といってもいくつもあり、癒しや明りとりをしてくれるだけではありません。

しっかりキャンドルを理解して、自分のためにしっかり使っていただきたいと思います。

人気の通信教育はこちら

キャンドルの資格が取れるキャンドルの作り方まで学べる通信講座。
キャンドル

キャンドル
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

キャンドル資料 キャンドル

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る